<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ちょっとお茶しに

今日はのびーがお休みで、お昼間に本を読んでた私に電話をかけて
きてくれました。
「調子どう?」「うん。まあまあ。」
「お茶でもしない?」「えっ、お出かけ!?」
「いやいや、うちで。マンションで。」
てことで、ほんの2~3時間程度でしたが約一週間ぶりに我が家へ帰り
のびー乱れ買いのおやつをお供にお茶しました。
私が留守の間、部屋の掃除やお風呂洗い、洗濯などなど私が居ない
方がいいんちゃう!?てくらい真面目に頑張っている様子。合格!(笑)
色々不自由かけたけどもうすぐ帰るので、もうちょっと待っててね。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-29 23:49

イイ感じ

最近寝てばっかりでホンマにする事ないから更新が
わりと頻繁なような。。。
昨日は以前通ってた産科のある病院で転院初診察。
出血も止まり経過は良く、無理しなければ寝たきり
でなくて良いみたい。無理はしないように、、、

のびーには悪いけど、実家では上げ膳据え膳、洗濯も
出せばたたまれて仕上がるし素晴らしく快適♪
子供の頃は当たり前みたいに思ってた、ていうか
そんなことについて思ったことなかったけど、すごく

ありがたいなぁ~。


「母」って、すごいんやね
[PR]
by eclair502 | 2007-01-27 09:29

そりゃないぜセニョール

e0038355_11445444.jpg

昨日、通販で頼んだ「葉酸サプリ」が届いた。
120粒入りを一つ注文。容器は手の平サイズと思いきや
届いた箱がでかい。「試供品の一つでも入ってんの?」
と思って開けてみると、、
過重包装すぎでしょ。。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-25 11:44

ありがとう。

今日はクリニックへ行って来ました!
お子は無事元気で2cmに成長してました!もうそれが何よりの良薬です(涙)
あと、次回から転院できるよう紹介状も書いてもらい、血液検査等のデータも添付してもらいました。
トラブルで予定より少し早くなったけど今日でクリニック卒業?です。ささやかなお祝いってことで母子手帳カバーなんかいただきました。さらにまたミニブック数冊。ぼちぼち読むよ。
皆様にはご心配おかけしておりますが、頑張って安静を保っておりますので(クリニック行ったケド)ご安心を。とにかく赤ちゃんは元気です!
[PR]
by eclair502 | 2007-01-22 22:20

ごめんなさい。

皆様にご報告。
妊娠8週、切迫流産で安静中です。お子は元気です!
昨日、お休みののびーと一緒に買い物中、生温かいものがドロリと流れる感触が。速攻トイレに駆け込むと鮮やかな出血。でも何故か妙に冷静な自分がいて、すぐに病院に電話しのびーに連れて行ってもらいました。
診断は切迫流産(中程度?)で2週間の安静が必要、当然仕事も休まなければいけません。今は安静を保つため実家で寝たきり生活を送ってます。
コメント、応援下さった皆様にはご心配おかけしますが必ず元気になって戻りますのでしばしお待ちを!
感謝!です!
[PR]
by eclair502 | 2007-01-21 19:59

うれしい出来事

昨日は待ちに待った1週間ぶりの検診でした。
その前に、前回の指示通り母子手帳をもらいに区役所へいきました。
書類を2枚程書いて、イメージ通りのピンクの色をふんだんに使った
可愛らしい感じの母子健康手帳。と、それに付随して渡された
「○○ハンドブック」や「××ミニブック」、「**副読本」などと、チラシの
多いこと!!「これ、全部読むのん・・・??」と、若干引き気味。取り説や
マニュアルを読むのが苦手な私はちょっと気後れしてしまいました。
が、今後のためにも頑張って読まないとね〜。ま、ぼちぼちね(って、それ
ばっかり(爆))

そして、昨日のびーも仕事が休みだったので、なんと検診に付き合ってくれた
のです!!!!

はじめは私をクリニックまで送り届けてくれて別行動かな?と思っていると、
「一緒に行く」
と言ってくれて、めっちゃびっくり!
あの、オンナ(の集団)嫌いののびーが、『レディスクリニック』へ・・・!?
私の女友達とも一切会おうとしないのびーにとっては大変勇気のいる
ことだったと思います・・・(涙)
で、2人ともちょっとソワソワしながら、クリニックで受付を済ませソファに
座るなり、のびーはクリニックに置いてあったクイズ本を手に取ったまま
ほとんど顔を上げようとせず・・・何組か夫婦で来ている人も居たものの
やはり圧倒的に女性が多くて相当緊張している模様(苦笑)。

暫くして呼ばれたのでまず先生と問診。ちょっとてれながら、

「今日は一緒に来てくれたんです・・・(えへへ)」

すると先生も終始にこやかに(マスクしてたけど)私の状況を聞き取り、
いよいよ内診へ。

どうやらのびーはテレビでよく見るような、ベットに横たわって外から
エコーでオナカの中を見る、と言うのを想像していたらしく、(ていうか私の
説明不足。)内診室の前室(個室)に入っていきなり脱ぎ出す(笑)私にも
若干引き気味。そして一緒に内診室へ入って、超音波画像を見ました。

昨日で8w3d。体長は1.7cmでした。勾玉のような形で、心臓もヒクヒク
動いてました。心音もしっかり聞こえて、とても安心しました(涙)。
超音波の画面を見ながら先生はいつもよりとても(失礼)ていねいに、ゆっくり
解説してくれて、それを聞きながら画面を食い入るように見ているのびーは
口が開きっぱなし(笑)。すごく驚いているように見えたけど、でもしっかり
見てくれてました。のびーのお子だもんね。

再度先生のお話を一緒に聞いて、今回は終了。のびーもお疲れ様でした。

慣れない雰囲気に終始面食らっていたのびーだったけど、「一緒に行く」と
言い出してくれて私はすごくうれしかったし、私がいつも一人で見て、聞いて、
感じてることをリアルタイムで一緒に体感できたことがこの上なく幸せでした。
この子を授かったのも、のびーが居てくれてこそ、と至極あたりまえのことを
再認識いたしました。

のびー、ありがとう。


で、次回の検診はなんと「2週間後で大丈夫でしょう。」と言われてしまった。。
もちろんそれは今の所順調だからに違いないんですが、やはり出来るだけ
たくさん見て欲しい、ていうか「見せて欲しい」というのがホンネ(笑)。
でもきっと良いことなんやろう・・・。と自分に言い聞かせて、2週間後まで
オナカに手を当てて「よしよし」したいと思います。。。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-19 21:57 | 身体的

12年

阪神・淡路大震災から12年が経ちました。

当時、私は大阪(の南端の方)でボロい木造2階建ての学生下宿に
住んでいました。お正月休みも明けて、後期末の課題提出に向けて
6畳一間の狭い部屋で制作に勤しんでおりました。徹夜でもしないと
提出に間に合わないとばかりに夜中まで起きていたのですが「ちょっとだけ
仮眠しよ」と思ってベットでなくこたつでウトウトしていました。

すると、突然の揺れと、部屋の中の小物類がガタガタと落ちる音で
目が覚めましたが、揺れている途中は怖くて起き上がることも出来ません。
そのうち揺れが収まり、あたりが再び静かになってやっと部屋のドアを
開けました。廊下に出ると「今のナニ!?」と皆口々に感想を言い合いました。
少し落ち着いて自分の部屋に戻り、早速テレビを付けてみました。
朝早い時間にも関わらず、どのチャンネルを回しても同じような報道ニュース
が流れていて、激しくザッピングしながら見ていました。
その後、時間が経つにつれて地震の被害が大きく報道され、それはどんどん
ひどくなり、被害者の数字も増え続けました。震災の現場上空からの中継では
火事、倒壊など悲惨な映像ばかりでした。私の実家のある街は特に火事が
ひどく広がっていると報道され、家族や親戚のことが心配でいてもたっても
いられませんでした。当然電話は繋がらず、情報源はテレビのみ。でも一番
欲しい情報は入ってきません。テレビを見るのが怖かったけど、それでも
こたつにもぐって課題なんてそっちのけでテレビにかじりついていました。

どのくらいそうしていたか、もう覚えていませんが、その後両親と連絡が取れ、
幸い皆が無事で被害もそれほど大きいものでもなかったと聞きました。
その後長い間、実家へ帰ることが出来ませんでした。鉄道路線が被害にあった
ということもありましたが、私が家に帰ると食事、水、ガスなどの貴重な資源を
当然一人分多く消費してしまうからです。たった1日、いや半日だったとしても
それは出来ないと思い、家族の無事を確かめたかったけどぐっとガマンしました。

その後鉄道がある程度復旧し、途中代替えバスなども整ったことが確認出来て
初めて実家へ帰りました。大阪を通過し電車が西へ向かうにつれ、車内から
見える景色がどんどんひどくなりました。線路脇の家が倒壊、道路の上に
屋根がある、街が生気を失っているように見えて、このまま西へ西へ行ったら
いったいどうなってしまうんだろうと、すごく怖くなったことを覚えています。
実家は山の方の土地だったこともあってか(地盤が強かったとか。)、ほとんど
被害は無く、ライフラインもほどなく復旧し、皆元気で「生きて」いました。


私は大阪で震度4にあっただけで、実際の震災被害には遭いませんでしたが
それでもあの時の怖さ、不安、焦りなど、いまでも覚えているし、電車の中から
見た風景はよく覚えています。夜ベットで寝ていて、例えばのびーが隣で
足をバタバタした時にベットが揺れると「!! 地震!?」と目が覚めることも
たまにあります。実際にあの地震を体験した人はそれどころではないだろうと
思います。

みんな、それぞれの被害体験を持っていて、それを通じて感じたこと、考えた
ことも人それぞれだと思います。
今日はあの日からちょうど12年、ということで、私の体験を書いてみました。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-17 21:44 | 私的

家族と過した休日

土曜日。

めずらしくのびーもお休みだったのですが用事があって午前中から
お出掛けしたので、一緒に朝ご飯を食べた後は一人まったり過ごして
いたところ、姉から携帯にメールが入りました。
「実家に行くついでにマタニティ用品届けようかと思ってます」

「・・・早くないですか!?」

と思ったものの、せっかくなので持ってきてもらうことに。
最近のダラダラ過ぎ生活のおかげで部屋の中が非常に汚く
散らかっていたのでこれを機に片付けと掃除をして、お昼下がりに
若干ウトウトしながらお迎えしました。結局姉とその娘2人、母も一緒に
遊びにきてくれて女5人でまったり過ごしました。うちにはおもちゃや
楽しいビデオも無くて3歳と4歳のコドモたちはちょっと退屈そうだったけど
それなりに(多分)キャッキャいいながら帰って行ってくれました。
このくらいの歳になると、母親と姉妹が居てくれるのはいいもんだなと
よく思います。私の場合は頼ってばっかりですけどね・・・。



日曜日。

のびーは朝から仕事。私は午前中の遅めに起きだしてボーッとテレビを
見ていたらお義母さんから電話がありました。
「(のびーの)兄家族たちが昼から来るらしいわー。調子が良かったら、
めったに会わへんやろうからどうかなぁと思って・・・」

ホント、お義兄さん家族とは、市内に住んでるとは言えあまり会う機会も
無いのでせっかくお声をかけてもらったのでお昼過ぎからぼちぼち準備して
実家にお邪魔しました。ホットカーペットの上にお義母さんと義兄夫婦に
3歳の娘と私と時々おばあちゃんで足をのばして座り、おぜんざいやら
自家製みかんやら食べながら2時間程しゃべってました。私の近況報告も
してきました。のびーは日曜も仕事のことが多いので義兄夫婦に会うのは
たぶん私の方が回数は多いように思います。次はいつ会えるのかなぁ。。


帰ってきてから、陶芸教室に1ヶ月のお休みをさせてもらうよう連絡しました。
この土日のように、お休みの日でも一人で家にいるよりは何かすることが
ある方が気分も紛れて良いとは思うのですが、さすがに教室へ行って
土と格闘するだけのパワーは今は無いな・・・と感じているのでひとまず
お休みにしました。来月もちょっと様子を見て、落ち着いたら最後の1ヶ月
か2ヶ月で終わりかなぁ・・・と思ってます。ちょっと残念だけど仕方ない。
辞める前には課題そっちのけで好きなもの作らせてもらおう、と思ってます。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-14 18:23 | 日常的

8月28日

予定日やって・・・・!!


今日はpm5:00から診察。(遅!)
年末からの出血は若干ではあるもののダラダラと続き、つわりも
あります。夜から朝にかけてとにかくムカムカと胸焼けがひどく、
食べるものも何が良くて何を受け付けないのかまだあまりハッキリ
判らないから何を食べるにもおそるおそる。しかも量加減を誤ると
後が大変なので慎重にならざるを得ません。乗り物も座ってないと
酔うし、歩いてもすぐ疲れます。そして便秘の症状。これもつらい!!
以前は(こんな所で公にする話しでもないですが(大恥))のびーと
「今日がいかに快便であったか」を話し合う(爆)ほど便秘なんてものに
悩まされたこと無かったのに、この症状はかなり私を消耗させます・・・(涙)。

とにかくここ最近は診察の日まで不安で、待ち遠しくて仕方ありません。
何やったらもう毎日でも超音波入れて診てよ!と言いたいぐらい(笑)
で、今日の診察でなんと心音が聞けました。スッゲーーーー!!!
体長1cmのなのに!?ビックリです。よくテレビとかで見る、ドクドクというより
ザクザクと電子音のようなとても早い心音でした。最後に先生が

「順調ですよ」

あー、よかったぁ。まるで神様のお言葉を聞いたような気分になりました。
診察では、出血は特に気にすることも無いようで経過を見ることに。
オナカの張りに緊張緩和の薬(ダクチル)を3日分追加でもらい、
便秘薬も処方してもらいました。そして基礎体温はもう付けなくて良い
と言われました。これも安心材料の一つかな。さらに、来週は8週に入る
ので「妊婦検査」なるものがあるとか。なんですかソレ?状態でしたが
血圧、体重、尿検査をするそうです。さらに看護師さんいわく、
「母子手帳も必要ですので区役所でもらっておいて下さいね。」

えっ、もう母子手帳?早ーい。(率直な感想)

「・・・それは、行ったらすぐその日にもらえるんですか?」

ちょっとボケた質問をしてしまった、と、すぐに後悔(恥)

「その場でもらえますよ。ハンコを持って行ってくださいね。(ニッコリ)」

さすが看護師さん、プロだね(笑)

その後血液検査のための採血をして本日は終了。
ほんとに少しづつではあるものの、確実に時間が経っていることを
感じさせられます。どうか、このまま順調でありますように。。。

で、また来週が待ち遠しいんだなこれが・・・はぁ〜。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-11 22:19 | 身体的

2夜連続

山Pの白虎隊のドラマのことではありません。

夢です。

しかも、怖い夢・・・(泣)


一昨日の夢。

近所にある、山沿いに建てられた老人ホームの前をのびーと
歩いていたら、山の上からいかにも頭が狂ってる風のロン毛の
ガリガリのお兄ちゃんが私の頭上を越えて飛び下りてきました。
「ひぃぃ〜〜」
身動き出来ずただただ立ちすくんでいると、私の目と鼻の先を
歩いていた女性を人質のように捕まえ、手に持っていた
ボーガンをあたり構わず打ちまくります。
「あたる、あたるぅぅーーー!!!」

と、いうところで目覚め。心臓はバクバク、呼吸もハアハアなってました。



昨日の夢。

トイレの個室から出ると、ナゼか一人の男性も同時に隣の個室から
出てきました。おや?と思い男性の方を観ると、その向こうに帽子を
深くかぶりコートらしきものを着た女性がボーッと立っています。
ふと足元を見るとまゆげの上からまぶたまでをざっくり削ぎ落とした
肉片がぼとりと落ちています。一目で女性のものだと判りました。
「ひぃぃ〜〜」
再び男性と、その肩ごしの女性を見るとゆっくりとその女性が近づいて
くるではありませんか!?逃げ出そうとしながら、でも2人のことが気になって
振り返ると、女性が男性を捕まえて「なぜ私をこんな目にあわせたの・・?」
と唸るような声で訴えています。
「逃げないと、逃げないとぉぉぉーーー!!!」

と、いうところで目覚め。
またしても心臓はバクバク、呼吸もハアハアなってました。


実はここ最近、つわりのせいもあるのか非常に寝苦しい夜を過ごしていて
(寝ている間中吐き気を伴う)ぐっすり寝た感じを得られていません。
そのせいなのかどうなのか、めっちゃ怖い夢を連続で見てしまいました(涙)

あー、今日も怖い夢見るのかなぁ。。。イヤだーーーーー。
[PR]
by eclair502 | 2007-01-09 20:43 | 私的