timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

第2号

今日はお昼から陶芸教室へ行き、約1ヶ月半ぶりに完成品を
持って帰ることが出来ました。
e0038355_2082431.jpg

これも1号同様、体験教室の時にそばちょこのあまりの土で作ったもの。
中・小皿ですが、中の方は真ん中が少し盛り上がってしまってあんまり
お皿らしくない。。土・釉薬はそばちょこと同じものなのですが
焼成方法が違っていて、そばちょこは酸化(酸素を送り込んで焼く)焼成、
お皿は還元(酸素を取る不完全燃焼状態)焼成なので、微妙に色が
違っています。釉薬の掛け方も違うので厳密ではないけど、2種類の
焼成方法は陶芸のポイントの1つだと思うのでこれからもいろいろ
試してみたいと思っています。が、現実は形を作るのにめちゃくちゃ
時間がかかってなかなか進みません。まぁぼちぼちやろうとおもいます。

そして帰りのバスで偶然母と出会い、途中まで(といっても停留所1つ違い)
一緒に帰ってきました。日常使いのバスと陶芸教室の時のバスは路線が
違うので今日のような偶然はあまり無いのですが、今日はたまたま母も
出掛けていたとかで、ちょっと久しぶりでした。
些細な偶然でも近所に住んでいるからこそ、の出来事で、家族が近くに
いるのはやっぱり良いことかな…と、ふと思った帰り道でした。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-30 20:09 | 陶芸的

柿食えば

昨日は仕事も休みで午前中から用事を済ませに街へ降りました。
お昼過ぎに帰ってくる何ともグッドタイミングでおばあちゃんからの電話が。
「お饅頭あるから良かったら取りにおいで〜」「すぐ行きます♪」
久しぶりにお邪魔しておばあちゃんとお茶をすすりながら30分ほど
しゃべって、約束のお饅頭と、おまけに庭の柿をゲット!
e0038355_18264777.jpg

実は少し前から実家の横を通る時「今年も柿なってるわ…」「お、ちょっと
色がいい感じ」などと思いながら眺めていたので、いただけて大変うれしいです。
その時もおばあちゃんと話しながら自分で皮むきして1個よばれました。
店には並ばないような小さな柿で、でも種もしっかりあって甘くて食べごろの
いい柿でした。あいかわらず食欲はあんまりなかったけど、その柿はぺろっと
食べてしまいました。
おばあちゃん、いつもありがとう。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-26 18:27 | 日常的

食欲の秋

昨日から、体調なのか精神的なものかよくわかりませんが
普段とちょっと違う様子になっています。どうも食欲が無いのです。
ここ2、3日のことを思い出しながら何度となく理由を探してみるものの、

土曜日に映画に行った → むしろストレス発散の場
土曜日から生理がはじまった → 生理痛も無く、ひとまずほっとした
土曜日から急に寒くなった → 暑いよりよっぽどうれしい
金曜日頃から鼻アレルギー → アレルギー体質なので時々なるが、まもなく治る

などなど、弱い分析ながら取り立てて原因となるようなことは見当たらず。
日曜日のお昼は普通にご飯を食べて陶芸教室に行って、帰りに「BOOK OFF」で
マンガを立ち読みして、晩ご飯用のお買い物をしてバスに乗ったあたりから
なんだか虚脱感を感じ、とりあえず家に帰ってササッとご飯の用意をして
お風呂に入ってそのまま寝ました。それほど眠たくなかったけど、寝ました。
「先に、寝てイイ?」という私を見て、ダンナさんは心配していましたが
おかまいなしにさっさと布団にもぐり込み、朝まで寝ました。
今日は仕事の日で、全く普段どおりの1日でしたが、やはりお昼ご飯がほとんど
たべられず、半ば無理矢理にコーヒーとコンビニの生野菜サラダを。なんとも
不健康チック。晩ご飯はダンナさんも一緒だったのでさすがに少し食べないと、
と思い、昨日のカレー少なめと大根サラダを食べましたが今もちょっと胃もたれが。。
空腹感はあるのですが、「食べる」ことを考えるととたんに萎える感じがして
「もういらんわー」と、なります。

熱が出ても食欲が落ちないことが自慢(?)だった私にとって、食欲が無くなる
というのはとても珍しい現象。ダイエットになるかもと思いますがあきらかに
健康的ではないし、食欲以外はいたって普通というのがちょっと変。
もしや、あの秋の呪いなのか…いやいや、そんなことは考えたくない。。

きっと、もう一晩寝たらすっかり治るでしょう!ということで。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-24 21:09 | 日常的

久しぶりの映画鑑賞

今日はお誘いをいただき、午後から映画を観に行きました。

お相手は ねえちゃん。 ちっちゃいにいちゃんと私の間の、ねえちゃんです。
5コほど年が離れているせいか、姉妹とはいえお買い物とかお出掛けとか
一緒にした覚えがあまり無く、お互い結婚もして、家も車で30分圏内という
わりと近くに住んでいるので最近はもっぱら私達の実家で出会うことが多いです。
今日も私達のダンナさん方は仕事の中、ねえちゃんは実家に娘2人を預けて
タダで映画鑑賞させていただきました。

「ステルス」 を観ました。
その名の通り、米軍のステルス戦闘機をモチーフにした近未来アクション物。
3人の超優秀パイロットチームに、人工知能を持ち学習して行く戦闘機「エディ」が
加わって巻き起こる攻防戦といったストーリー(はしょり過ぎたか)。
米軍・テロリスト・人間vsメカ(人工知能)・核・愛(必須?)などが盛り込まれ、
さらには北朝鮮までが出てきてちょっとびっくりでしたが、戦闘機の
飛行・操縦シーンや戦闘シーンなどは映画館で観てこそ、と言う感じで、
飛行機好きの男子とかは結構好きそうかも…と思いました。
途中からめちゃくちゃトイレに行きたくなってしまい、映画の最初に
「エンドクレジットの後に映像があります」というような予告があったのですが
すっかり忘れていて、エンドロールもそこそこに我慢の限界でトイレに駆け込んで
しまいました。最後まで観たねえちゃんによると「まぁ、2(続編)はナイやろ」という
ことでしたが。。

今日は幸運にも無料で観させていただきましたが、日本の映画はもう少し安く
ならないものか…と、よく思います。今でこそレディスデーとかシニア割引、さらに
今日知ったのですが高校生3人以上割引(だったと思う)なんてものもあるけど、
基本料金をもっと安くして欲しいものです。映画はやっぱり映画館で観たいですね。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-22 22:07 | 趣味的
さて、広島2日目。
ビジネスホテルには朝食が付いていないので、9時半頃には
チェックアウトし、車は置いたまま朝ご飯を求めて少しうろうろしました。
オフィス街なので喫茶店の1つや2つ…と思っていたのに意外と無く、
ようやく見つけたのが今風(?)のセルフのカフェと、昔からありそうな
地下に潜る喫茶店。で、ここはきちんとサービスしてくれる喫茶店へ。
喫茶店ながらのモーニングで、コーヒーも普通に美味しかったです。
ダンナさんは少し足りなさそうでしたが(いつものこと)車を取りに戻って
出発しました。2日目、第3目的は昨夜決定の「アウトレットモール」。
今年の3月にできたところなのでナビにも登録されておらず、ガイドブックの
地図を見ながら到着。平日は駐車料金も無料になっててラッキー!
場所が広島湾に面した、いわゆるベイエリアで、天気も良く海も間近に見えて
開放的な雰囲気の良い所でした。朝も早かったせいか人も少なくてゆっくり
ひと回りし、お互いに欲しいものチェックもしてお昼ご飯のため一旦出庫。

そして、これが最後となった第4の目的、お好み焼き。
e0038355_21534525.jpg

言わずと知れた広島風を本場で食べるのはおそらく初めてだったのでとても楽しみに
していました。注文したのは「肉玉そばねぎかけ」。関西風に慣れているだけに、
どこか「これはお好み焼きではない?」と言う感じでした。本当に山盛りキャベツと
もやしがけっこうヘルシーであっさり感を出していて、でもそばも入っているので
ボリュームはありました。ソースの後のゴマを振りかけるのが変わってました。
ソースも甘めで少なめなので足りない分は自分で、あと、マヨネーズも自分でかける
スタイル。お店のお兄ちゃんも、いかにもよそ者風の私達をあたたかい目で見守って
くれていました。関西風も良いけど、この広島風は私の中ではお好み焼きとは
別物として、イケるなぁとおもいました。

その後、再度アウトレットモールに戻り、欲しかったものを確認しながらお買い物し
お土産にもみじ饅頭を買い、最後に観覧車に乗って瀬戸内海と広島の街を見て
とうとう帰路に着きました。
街中に突如として現れる原爆ドームと広島市民球場を横目に見ながら、帰りは
さすがに高速道路をぶっちぎり、約4時間で無事我が家へ。
今回もその場その場で次の予定を決めたのですが、スムーズに無駄なくポイントを
押さえて回ることが出来たので大満足のグルメツアーとなりました。

今でこそ、街はきれいなビルが建ち市電も縦横無尽に走っていますが、呉市でも
感じたように、広島には常にどこかに戦争の影があるような気がしました。
私でさえこんな風に思うくらいだから、そこに住んでいる人たちはどんな感じが
するのかなぁ…と、とりとめも無く考えてしまった旅でもありました。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-20 23:16 | 旅行的
日曜日の夜から火曜日の夜にかけて、2人で48時間の旅に出ました。
今回の行き先は広島。日曜のダンナさんの仕事終わりで出発が決定。
家に帰ってくるまでにグルメスポットをネット検索しプリントアウトして、
いつものようにささっと荷造りし、今回は地図はなかったのですが車の
ナビとガイドブックを頼りに出掛けました。
途中で晩ご飯を食べて、買い出しも少しだけして高速道路は使わずひたすら
地道を走りました。さすがになかなか進まず、3時間ほど走った所で1泊。
翌日は10時頃に出発、まず呉をめざしました。

尾道を過ぎた辺りから積極的に海沿いの道を走り、天気もとても良かったので
時々止まって景色を楽しみました。瀬戸内の海は本当に島がたくさんあって、
意外とキレイで穏やかな海でした。のどかに釣りをする人にも遭遇、けっこう
釣れてました。お昼過ぎにようやく最初の目的地、呉の「大和ミュージアム」へ。
戦争によって沈没してしまった「戦艦大和」をメインに、海底から実際に引き
揚げられた一部や遺品の展示、数々の戦艦模型や造船技術、さらには
「宇宙戦艦ヤマト」コーナーまで、なかなか盛り沢山でしたが、背景が「戦争」
だけに、日本人としてはただ楽しむだけでは観られない内容に感じました。

e0038355_23115922.jpg

夕方に近付き、いよいよ第2目的地、
広島の「陽気」ラーメンへ。広島の基準とも言われるらしいが、基本的なとんこつ醤油に中細麺+チャーシュー+もやし+ねぎと、なんともベーシック。「食事」としては物足りなさを感じるかもしれないけど、さらっと食べられて満足できる一杯でした。


その後は市内中心部へ向かい、宿探し。ビジネス街だったらしく、けっこう
あちこちにビジネスホテルがあり、その中でも無難な感じの車庫付き(割引有料)
のホテルに飛び込み無事ゲット。荷物を下ろして銭湯をうろうろ探すものの、
結局見つからずそのまま第3の目的、広島のカキを食べに行きました。
そこはカキとウナギの専門店で、どちらもコース・単品がいただけるちょっと
不思議なお店でした。ダンナさんはカキフライ定食(特上)、私はカキの土手鍋を
注文し、分け分けしながら食べました。フライはごろごろと大降りのものが6〜7個
あって、特製ソース付きでなかなか食べごたえがありました。土手鍋は一人鍋
だったので厨房で出来上がったものを持ってきてもらったのですが、まったりした
味噌煮込みの鍋にこれもぷりぷりしたカキが絶妙。フライより少し磯の香りが強め
でしたが、お味噌も濃いめだったのでイイ風味になっていました。
2人だと料理の注文も組み合わせが可能でいろんな味が楽しめるのでお得感あり。
お互い大満足し、お腹もいっぱいで幸せな気分で広島1日目を終了しました。

さてさて、2日目はまた後ほど。。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-19 23:12 | 旅行的

雨が降った

今日は朝から1日中雨。にもかかわらず、近所に住む友達が遊びにきて
くれました。
すごく近くに住んでいるのに普段はメールが主で、前回は一緒に
フラメンコ発表会を見にいってから会ってなかったので、久々にお誘いして
みました。そしたら、朝から雨。お昼頃になって強くなり、約束の時間には
ハッキリ言ってドシャ降り…。何なの? そしてそんな中、彼女は我が家まで
おやつのワッフル+ポンジュース(1リットル)そしてマンガ本9冊をもって、
長い階段を上がってきてくれました。妊娠中なのに。。大変申し訳ない
ことしました。
お茶をしながら、ご近所ネタや仕事の話、などなど、昼下がりをまったり。
主婦感を満喫いたしました。
彼女とは小・中学校まで一緒で、お互い地元で結婚して住んでいるので
何かと共通の話題もあるし情報交換もできるし、とても貴重な存在だと
おもっています。ご近所に実家があるのと同様に、気心の知れた友達が
いるのは心強いし、何となく安心できます。これからも末永くヨロシク、です。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-15 23:56 | 日常的

プチプチトマト

e0038355_23395144.jpg

お弁当用に買っておいたプチトマトを、晩ご飯のサラダに添えようと思って
取り出したら、なんと双子!
卵の黄身の双子はあるけど、プチトマトは初めてでちょっとびっくりしました。
ちょっと食べてみたかったけど、ダンナさんに見てもらいたかったので
置いときました。写真はダンナさんのご飯中に激写!
[PR]
by eclair502 | 2005-10-14 23:41 | 食事的

チヂミ

今日の晩御飯はズバリ、チヂミでした。
e0038355_22372126.jpg

(手前がキムチ入りチヂミ、左から順に湯豆腐春菊添え・ポッサムキムチ・タレ)
2〜3日前にチヂミ用に買っておいたニラで、今回はネットでタレの
作り方も調べてチャレンジしてみました(特別どうってことはない、酢醤油
とゴマのタレですが)。あと、ダンナさんの会社の人で、去年の夏には
一緒に韓国旅行をした社員さんが今年も韓国に行ってきて、そのお土産に
ポッサムキムチを買ってきてくれたので、それも混ぜてみました。
「ポッサム」とは「包む」という意味があるらしく、白菜の中にイカや梨(リンゴ)
松の実、にんじんなどが入っていてとても具沢山な韓国独特のキムチです。
本場のキムチは化学調味料の味がしなくて後を引かないすっきりした辛さ
(でも辛いのは辛い)でやっぱり美味しいです。実はお昼にキムチチャーハン
をしたのですがこれもなかなかイケました。
昨日、ダンナさんがこのお土産を持って帰ってくれた時は、キムチがビニールに
入り、さらにタッパーに入り、そしてそのタッパーごとラップでぐるぐる巻きにされ
ビニールに入れられていたにもかかわらず、けっこうニンニクのにおいがして、
今も冷蔵庫の中がニンニクなので、韓国から持って帰ってくる時もけっこう
大変だったのでは?と思います。
最近は異国のお土産にうるおう我が家です。皆様、ありがとうございます。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-11 22:39 | 食事的

メキシコ土産

昨日の夜は、例のメキシコ帰りの友達が我が家のパソコンを
使いにやってきました。これも彼の実家の近所に住んでいることによる
帰国時の恒例事です。
まだイマイチ時差ボケが治らないと言いつつ、ビールを飲みながら
考古学(発掘)の話を聞かせてくれました。
メキシコは遺跡の宝庫のような所らしく、本当に様々なものが
出てくるそうです。彼の今の研究(卒業用)は、単に何かを掘り出す
だけでなく、掘り出された土の成分からその場所がどんな場所だったのか
例えば「食品貯蔵庫」とか、「台所」とか、植物の成分が見つかった場合は
その植物は栽培されたものなのか、野生のものなのか、などなど、
数千年前のことを現在の科学的根拠に基づき推測して確定していく
といった、なんとも気の遠くなるような、奥深く壮大なものでした。
帰ってくると必ず発掘の話になるのですが、何度聞いても現実の生活と
あまりにもかけ離れていてなかなか理解が難しいのですが、でも
すごく不思議でちょっとワクワクするような気分にさせられます。
「エライことに興味持ったんやね…」と、おもってしまいます。
そんな彼がこの度持って帰ってきてくれたお土産は、お菓子とワイン。
e0038355_23122075.jpgお菓子は元祖ドリトスと、一口めはすっぱくてまずいけどクセになるハラペーニョチップスと、メキシコ人でも「ムカつく」辛さの、1袋は絶対食べきれないらしい激辛スナック。そしてワイン、何でもメキシコでさえ1年のうち70本しか作られず、当然日本には上陸していないであろう幻のものらしい。ラベルにもシリアルナンバーがついていて、2001年に作られたものが今年発売されたとか。
あと2、3年寝かせていただこうと思います。
いつも、どうもありがとう!
[PR]
by eclair502 | 2005-10-09 23:12 | 日常的