timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

検診&健診

本日は仕事もお休みで朝から病院へ行き、今周期1回目の注射を
しました。先生も私も慣れたもので診察室に入ったらあいさつをして
そのまま内診台へ。内診の後は注射の指示をさらっと受けながら
ポンポンっとハンコを頂き、ものの5分ほどで診察終了。今日は先生の
顔もあまり見られませんでした。その後いつものように看護師さんに
「指先、しびれたりしてませんか〜」と言われながら注射。痛いのは
相変わらずです。
そして今日はもう一つ、健診=健康診断を受けました。
派遣会社から案内が届き、健診施設に自分で予約して受けに行くと
いうシステムで、ちょうどいい具合に予約もできてラッキー。
そこは人間ドックや婦人科検診もできる専門施設で、若い女性や
男性、ご夫婦も受けにきていました。学校の身体測定と同じく
流れ作業的に検尿・問診・視力・血圧・身体測定・胸部レントゲンを
済ませ、結果は2〜3週間で自宅に届くそうです。

私は何となく30歳になったら婦人科検診を受けに行きたいと思っていて
30歳の誕生日後、電話予約をして今通っている病院に行きました。
その時は今の先生ではありませんでしたが女医さんをねらって予約を
入れたのを覚えています。婦人科検診といっても乳ガン検査はなく、
子宮疾患と感染症等の検査でした。内診してもらいながら、先生に
「少し小ぶり(?)な感じですが、きれいな子宮ですよー」なんて言われて
安心しました。その頃は今のような状況になるとは夢にも思っていなかった
ので、「検査の結果が良ければ子作り解禁してもいいかなぁ」と、漠然と
考えたりしていました(実際、その解禁もまだ先になったのですが)。

婦人科検診では外科的な検診は可能ですが、私のようにホルモン等に
問題があるような場合はいろいろと別の検査をしないとわからないので
もっと早くに判っていれば。。なんてことになる人達がいるんじゃないかなぁ
と、ふと想像しました。もちろん、外科的疾患をより早く発見することは
とても重要なことなので健診は絶対必要だと思います。が、もし
こういった婦人科検診で不妊要素の有無まで判るようになればどうかなぁ
(自分がそうだったので)と、欲張りなことを考えてしまいました。
まぁそれを知るためには基礎体温つけるなど、自分自身の日々の努力が
必要なんですけどね…

きょうの健康診断での発見は、この年齢になっても数ミリづつという微妙さ
ですが身長が伸びているということです(自分でも疑ってしまいますが)。
もとから大きい方なので、いい加減止まってほしいものです。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-29 22:42 | 身体的

寒い?

今週に入ったくらいから、一気に秋らしくなってきました。
今朝仕事に行くのに、どれくらいのものを着て行けば良いのか
わからなくて少し考えてしまいました。窓を開けたまま寝ると
朝方寒さを感じるくらいです。日が落ちるのも確実に早いし、
今日は通勤途中に早くも銀杏がいくつか落ちていました。

秋は四季の中で一番好きな季節です。空も湿気が無く本当に澄んで
高く感じられるし、今くらいのちょっと寒く感じる朝晩もイイです。
ただし、私の場合秋は精神的に弱くなる傾向があります(正確には
ありました)。就職して一人暮らしを始めた頃からそれは年々ひどくなり
風邪で体調が悪くなったり、仕事がうまくいかなかったり、悩み事が
あふれたり、肉体的・精神的ともにとてもツライ季節。結果的には
時間が解決してくれる的に終わるのですが、当時は秋になるのが
うれしい反面、本当に恐かったです。
今のダンナさんと出会って結婚してからは気持ちが安定したのか
ここ2・3年はかなり落ち着いていますが、あの頃のことを思い出す
だけでほんのりブルーな気分になったりしそうで、極力考えないように
しているのが正直な所です。イヤな記憶は年々薄れて、楽しかったこと
だけ覚えていられたらなぁと、自分勝手なことを考える、秋口です。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-28 23:24 | 私的

通院開始

今周期も3日目となりました。
今回は生理が来るのがとても恐くて、というのも先月のあの
痛みがまた襲ってくるのかと思うと不安にならないわけには
いかなかったのですが、今回は時々ちくちくするような痛みと
常にお腹に違和感がある程度で想像していた痛みはなかったので
ひと安心(してていいのかな)です。通勤の時めずらしくバス酔い
してしまったのはちょっと辛かったけど。
今日病院に行ったら、先生が 「薬のおかげか周期も短く(普通ぐらい)
体温の変化もわかりやすくなってきているのでこのままの方法で少し
様子を見ましょうね」 ということになりました。
今日の先生はヘアスタイルが変わっていて、たぶんカットされたのか
いつもは束ねている髪をおろしたままにしているのを見たのは初めて
だったのでちょっと新鮮で若返った感じで良かったです、先生。
そんなことばっかりでなく、今度職場で健康診断があるので
レントゲンとか大丈夫なのかを質問した所、排卵(タイミング合わせ)
までなら問題ないとのことで、少し気になってたこともちゃんと
聞いて帰ってきました。
今年の春に週3日の仕事の曜日を決める時、まず通院することを
考えて先生の診察曜日を調べて決めたので、一旦周期が始まると
しばらく通勤と通院が1日おきになります。ここ数カ月はだいぶん
リズムも出来てきたので、これからは時間をもっと有効に使うように
したいなぁと思っています。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-22 18:38 | 身体的

3行日記

結婚して半年後位から、できるだけ毎日日記をつけるようにしています。
私達は結婚式より一緒に住みはじめる方が2ヶ月ほど早かったので
家計が一緒になってから家計簿と日記を付けはじめたのですが
最初のバージョンは多分3ヶ月くらいしか続かず、
「これはハードが悪いのだ。形を変えて毎日付けたくなるようにしないと」
と、勝手な思い込みで現在の形にし、何とか3年近く続けています。

家計簿は、エクセルでブランクの表を作って、それをコピーして使っています。
手書き、手計算で付けてファイルし、1年ごとにデータ入力、集計して
ダンナさんに決算報告します(単に報告でおわってていいのか?)。
日記はA5サイズのちょっとカワイくて手にとる気になるようなノートを
3冊ほどまとめ買いしておき、その日にあった出来事だけを書き留めています。e0038355_22495063.jpg
現在は4冊目で、「去年は…一昨年は…」というような話題
になった時たまに引っぱり出してきて見返したりします。
特に人様にお見せするようなものではないので自分でも
びっくりするくらい汚い字で、1行で終わっていることも
よくありますが、その前後の日のことを読んでいると
その流れで出来事が思い出せます。
日記をはじめたのは私の母の影響です。彼女も独自の
方法で家計簿と日記を付けていた姿を小さい頃から
見ていたので、自然とそんな気になったのだと
おもいます。
母の継続年数にはまだまだ足元にもおよびませんが、この習慣は
ブログなんかとはまた別の機能をもっていると思うので、これからも
できるだけ長く続けて行きたいとおもっています。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-20 22:51 | 私的

第1号

今日はお昼から陶芸教室へ行きました。
8月上旬に体験教室で作った器がようやく焼き上がっていました。
記念すべき(?)主婦作第1号です。
e0038355_2249462.jpg

あの時はまだ夏真っ盛りだったので、先生に「何作りますか?」と聞かれて
迷わず「そばちょこ、ペアで」。 しかし季節はそろそろ秋へ変わろうと
しており、こいつの出番は来年か…? とおもっていたのですが
ダンナさんの提案でさっそく夕食後のコーヒーをこの器でいただきました。

京都では2つ、陶芸教室に通いました。
一番最初に行った所は自分の家のアトリエを開放した教室で、美大を出た
若い女の先生が知り合いを誘って開いていたのでとてもアットホームな
ところでした。ほぼ1日教室にいたので、お昼ご飯を先生の家の台所で
パスタとか作ってみんなで食べて…と、教室に行ってるのかそれとも遊びに
行ってるのかって感じでそれはそれで楽しかったのですが、しばらくして
先生が「私、これから自分の作品の素材を土から木にします。ので、教室も
終わりにします。ごめんね。」みたいなかんじで閉室となったのでした。
次に行ったのはNHK文化教室で、いわばカルチャーセンターなのですが
その中でもセンターとは別の場所に教室(釜)があるコースを選び、
先生も4人いてそれぞれ個性のある先生方で楽しかったのですが
家から少し遠くてバス2本乗り継いで、教室まで小1時間位かかっていたので
休む事も多かったです。
今回の教室はバスで10分ほどのところで、土の種類とか釉薬の数も
すごいたくさんあって、先生は1人ですがとても丁寧に、しっかり指導して
くれるので、私って今までかなり適当にやってたんやなぁ、と、
度々おもいます。教室は1回2時間半なので本当にあっという間で
形を作るのに最低でも2回はかかるのでなかなか出来上がって
来ませんが、よほどヒドイものでなければ、また写真付きで載せて
いきたいなぁと思っています。その方が、気合いもはいりますので?
[PR]
by eclair502 | 2005-09-17 23:31 | 陶芸的

来たー!

先日、熱く(?)語っておりました『詩人の血』のご報告、ですが
あのあと某大手チェーンの中古屋さんでようやくCDを発見した!
ものの、それは新しい方(とはいえ余裕で10年以上前のもの)で、
値段も1,300円と予想以上に高く、「ここまできて妥協はできぬゥゥゥゥ」
と後ろ髪引かれながら帰宅、その後ネットオークションで入札しました。
2件の出品があり、そのうち1件は「入札者評価制限」なるものに阻まれ
もう1件の方で690円(+送料)で希望の品を無事落札いたしましたー。

待つこと3日。仕事から帰ったらポストに包みが!はやる気持ちを
おさえつつマンションの階段を4階まで上がり、部屋に入ると留守電が
2件入っていて1件がダンナの実家のおばあちゃんからで
「餃子と豚まんあるからとりにおいで〜」とのこと。 なぬなぬっっ。
CDっ。聞きたいーーっ。でももう外も暗いし、遅くなる前に先にもらいに
行かなくてわ。でも、じゃあパッケージだけでも。。と、包みを開封。 
な、懐かしい…
感動もほどほどに、実家へお邪魔しおすそわけを遠慮なくいただき、
その夜は偶然ダンナさんが晩ご飯不要とのことだったので一人で
餃子と豚まんと、そして「詩人の血」をたっぷり堪能したのでした。。。

何度も書きますが、かれこれ10年以上は経っているのですが私の
記憶もなかなかのもので、けっこう歌える…。17・18歳位の、
言ってみれば多感な時期に聞いていた音だけに、つられて何かと
思い出したりしてしまいました。もうこれは手放さないと、心に決めました。
手に入ってホント良かったー。

そして、人間の欲望とは果てしないもので、できればもう1枚
手に入れたい。今回購入したものより1つ前のアルバムを。
(ダンナさんに、いい加減にしろ と叱られそう。。)
[PR]
by eclair502 | 2005-09-16 22:33 | 趣味的

草間彌生

先週末の友達の家からの帰り、少し足をのばして小さなギャラリーに
立ち寄りました。開催されていたのは草間彌生さんの展覧会です。

草間彌生(クサマヤヨイ)。 前衛芸術家、彫刻家、小説家。
世界的に有名なアーティストです。

初めてこの名前を目にしたのは去年の春、知人の結婚式で東京に
行った時、地下鉄の中で展覧会の広告をたくさん見て、全然知らない人で
漢字も読めず、新鋭の男性芸術家か?くらいにしか思っていませんでした。
それから1年以上経ち、今年の夏にテレビの番組「たけしの誰でもピカソ」を
偶然見ていて『あ、あの時の!』と思い出し、あらためて女性ということ、
70歳を越えても現役バリバリの芸術家ということ、その作品の圧倒的な
パワーにクギヅケになってしまいました。話し方も独特で、人には見えない
ものも見ていそうなまなざしで、何にも媚びない、卓越したものをひしひし
と感じました。番組の中で、最後に出演記念にセットに絵を描いたのですが
その時の目がちょっと恐いと思えるくらい力強くてオーラが出ていて、
それ以来、強烈に私の中にインプットされたのでした。

その後、ネットでちまちま検索していたら、わりと圏内で展覧会があることを
キャッチし、ようやく「生」で作品を観ることが出来たのでした。

今回の作品は、わずか10歳の時から描き続けている水玉と網目模様の
版画が主な作品でしたが、大胆な色使いととても丁寧な仕事が印象的で
お値段もこの有名さにしてみれば良心的な感じでした(普通のことなのか?)。

本当はもっといろんな作品をたくさん観てみたいのですが(彫刻とか)
そう遠くまでは行けないので、いつか私の住む町とは言わないまでも、
近くで大きな展覧会が来ることを心待ちにしています。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-13 22:31 | 趣味的
今日は選挙の日。テレビのチャンネルはどこも開票速報と
なっています。私も今日は陶芸教室に行く前に投票してきました。

今回の選挙は郵政民営化一色で、小泉さんの、国民へのある種
「刷り込み」がみごとに形になって出たのかな と感じています。
法案が否決され、選挙となって造反組に刺客を送り込み、その中にあの
「ホリエモン」が出てきた時点で私は少し冷めた、というか引いてしまった
のですが、小泉さんのパフォーマンスはわかりやすかったのかなぁ、と
思います。よほどカリスマ性があるのだろうけど、そんなに独裁風に
なってしまって大丈夫なのか日本!?と思わずにはいられないところ。

まぁ、より良い社会をつくるためには文句ばっかり言っててもあかんし
国民一人ひとりが出来ることをして行かないとね。
とは言え、どうしても私はもっと生活レベルで物事を考えてしまうんですが。
ゴミはゴミ箱に捨てましょう、とか? 何か、かなりズレてるな。。(不安)
[PR]
by eclair502 | 2005-09-11 23:07 | 私的

外泊

金曜日、仕事終わりで友達の家にお泊まりにいかせていただきました。
というのも、ダンナ様が会社の研修で1泊するとのことだったので
じゃあ私も(遊ぼう)、とおもってお邪魔させていただきました。

彼女は以前懐妊報告のあった大学時代からの友達で
4年もの間古〜い木造の学生下宿において人生の中でも濃い時代を
一緒に過ごした仲間です。その下宿を出てからもうすぐ10年を迎えようと
していて、彼女も今では一児の母となり、来年には2人目も生まれます。
なにかと大変だろう時期なのに上げ膳据え膳でご飯をよばれてお風呂も
家で入るよりゆっくりして自分の家なみにソファで寝そべって(うちより長くて
大きいから超快適)、なんとも居心地良く、ぐうたらさせていただきました。

この秋には2歳になる子供もずいぶんしっかりしてきて、人見知りも全くなく
ぐずることもほとんどなくて、何をしゃべってるのかもひとつ判らないけど
よくしゃべるし、一人で楽しそうに遊んで時々大声になるけどキャッキャと
笑う顔はすごくカワイくて(男)、いろんな意味で将来が楽しみです。
時々しか会えないけどちゃんと私のこと覚えててね。そして大きくなっても
私のことは名前で呼びましょう。「おばちゃん」は許しませんよ?

友達一家のおかげで楽しい週末となりました。帰りにはお目当ての
アーティストの展覧会も観に行けたし(これはまた後日紹介したいと思います)
明日はいよいよ選挙です。日本中がかなり湧いているので私もそれなりに
特番など見てみようとおもいます。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-10 22:25 | 日常的

今日も外食…

本日はダンナさんはお休み(昨日から連休)、私は仕事でした。

仕事が終わってから、予定外にダンナと合流し、今日もまた
ホームセンターやらディスカウントショップへ行ってちまちまと
お買い物。「あともうちょっとで駐車場タダになるで!」とか言いながら
ダンナの会社用おやつや保存のきく食品などを購入。
その後、例によって「お腹がすいた…」ということで、本日は洋食屋さんへ
行きました。
2年ほど前に放送されていた『ランチの女王』というドラマを、2人で
欠かさず観て以来、洋食のおいしいお店を探して(聞いて)行くようになり
外食の定番メニューとなりました。
今日のお店は初めてだったのですが、ここを見つけたきっかけというのも
焼き肉のオススメの店を友達に教えてもらって行った時、その数件となりで
何やら道端に待っている人がいたので、これはイケてるお店に違いない、
と、チェックしていたのでした。
ダンナはトンカツ定食、私は海老フライ&ハンバーグ定食を注文、
予想以上においしくて、2人とも大満足!トンカツはやわらかくジューシーで
(ダンナ様談)、ハンバーグはふんわりしつつしっかりした味でソースもいける!
これまでのお店をしのぐ良さでした。しかもどうやらご飯がおかわり自由らしく
若い学生風の子たちはどんぶりご飯をもりもりおかわりしていました。
こういったサービスも、お客さんが列をつくる理由なのかも知れません。

とてもローカルな場所にあるのですが、この通り沿いには今日の
洋食屋・先日の焼肉屋、さらに以前から何度か行ったことのある蕎麦屋
(これも手打ちですごくイイ)がほんの100mくらいの間にあって、
私達にとってはすごく充実した場所になりました。
世の中にはおいしいものって、知らないだけでいっぱいあるんですなー。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-07 22:33 | 食事的