timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

カテゴリ:陶芸的( 23 )

第2号

今日はお昼から陶芸教室へ行き、約1ヶ月半ぶりに完成品を
持って帰ることが出来ました。
e0038355_2082431.jpg

これも1号同様、体験教室の時にそばちょこのあまりの土で作ったもの。
中・小皿ですが、中の方は真ん中が少し盛り上がってしまってあんまり
お皿らしくない。。土・釉薬はそばちょこと同じものなのですが
焼成方法が違っていて、そばちょこは酸化(酸素を送り込んで焼く)焼成、
お皿は還元(酸素を取る不完全燃焼状態)焼成なので、微妙に色が
違っています。釉薬の掛け方も違うので厳密ではないけど、2種類の
焼成方法は陶芸のポイントの1つだと思うのでこれからもいろいろ
試してみたいと思っています。が、現実は形を作るのにめちゃくちゃ
時間がかかってなかなか進みません。まぁぼちぼちやろうとおもいます。

そして帰りのバスで偶然母と出会い、途中まで(といっても停留所1つ違い)
一緒に帰ってきました。日常使いのバスと陶芸教室の時のバスは路線が
違うので今日のような偶然はあまり無いのですが、今日はたまたま母も
出掛けていたとかで、ちょっと久しぶりでした。
些細な偶然でも近所に住んでいるからこそ、の出来事で、家族が近くに
いるのはやっぱり良いことかな…と、ふと思った帰り道でした。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-30 20:09 | 陶芸的

第1号

今日はお昼から陶芸教室へ行きました。
8月上旬に体験教室で作った器がようやく焼き上がっていました。
記念すべき(?)主婦作第1号です。
e0038355_2249462.jpg

あの時はまだ夏真っ盛りだったので、先生に「何作りますか?」と聞かれて
迷わず「そばちょこ、ペアで」。 しかし季節はそろそろ秋へ変わろうと
しており、こいつの出番は来年か…? とおもっていたのですが
ダンナさんの提案でさっそく夕食後のコーヒーをこの器でいただきました。

京都では2つ、陶芸教室に通いました。
一番最初に行った所は自分の家のアトリエを開放した教室で、美大を出た
若い女の先生が知り合いを誘って開いていたのでとてもアットホームな
ところでした。ほぼ1日教室にいたので、お昼ご飯を先生の家の台所で
パスタとか作ってみんなで食べて…と、教室に行ってるのかそれとも遊びに
行ってるのかって感じでそれはそれで楽しかったのですが、しばらくして
先生が「私、これから自分の作品の素材を土から木にします。ので、教室も
終わりにします。ごめんね。」みたいなかんじで閉室となったのでした。
次に行ったのはNHK文化教室で、いわばカルチャーセンターなのですが
その中でもセンターとは別の場所に教室(釜)があるコースを選び、
先生も4人いてそれぞれ個性のある先生方で楽しかったのですが
家から少し遠くてバス2本乗り継いで、教室まで小1時間位かかっていたので
休む事も多かったです。
今回の教室はバスで10分ほどのところで、土の種類とか釉薬の数も
すごいたくさんあって、先生は1人ですがとても丁寧に、しっかり指導して
くれるので、私って今までかなり適当にやってたんやなぁ、と、
度々おもいます。教室は1回2時間半なので本当にあっという間で
形を作るのに最低でも2回はかかるのでなかなか出来上がって
来ませんが、よほどヒドイものでなければ、また写真付きで載せて
いきたいなぁと思っています。その方が、気合いもはいりますので?
[PR]
by eclair502 | 2005-09-17 23:31 | 陶芸的

陶芸教室(体験版)

土曜日は今周期2度目の注射でした。やはり痛い。
しかし!
今日はそんな痛さも全く苦になりません。
なぜなら!
しばらく前から狙い続けていた陶芸教室に行ったからです。
と、いうのも、以前京都で一人暮らしをしていた時も約2年ほど
教室に行っていたのですが、京都での仕事を辞めて実家に帰り、
結婚し主婦となり、、結局およそ5年ほどは遠ざかっていました。
でも、何時かはまた始めたいとずっと思っていて、ダンナにも
「もっと年を取ってからでいいから絶対やりたい」
と言っていました。
この4月から仕事が週3日になったり、子供もどうやらすぐには出来なさそう
なので、狙っているだけでは時間がもったいないのでは!?と思い、
会員になるのを前提に、体験教室に行きました。

陶芸に出会ったのは大学の実習授業の時でした。そのあまりの楽しさに
選択する道を間違えたかも!?と、その時思ったものでした。(大学では
一応デザイン科)それ以来、チャンスをうかがいつつさらに数年たち、
就職してから会社の先輩のつてで教室を知り、始めました。その頃、
「私って、昔から図画より工作の方が好きだったかも?」
と、ようやく気付き(何にしても自覚が遅い)趣味としてでも続けられたら
なぁとおもいました。

主婦(の立場)で習い事って、私の中ではとても贅沢なもので、
生活の中では特別必要でもない部分にお金をかける事になるので気がひける
ところもあるのですが、この度はわがままさせてもらいました。
がんばって家の事もするからさー。努力して使える器も作れるよう
になるよー。(お金かかるけど!?)
[PR]
by eclair502 | 2005-08-07 01:38 | 陶芸的