timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

カテゴリ:趣味的( 34 )

来たー!

先日、熱く(?)語っておりました『詩人の血』のご報告、ですが
あのあと某大手チェーンの中古屋さんでようやくCDを発見した!
ものの、それは新しい方(とはいえ余裕で10年以上前のもの)で、
値段も1,300円と予想以上に高く、「ここまできて妥協はできぬゥゥゥゥ」
と後ろ髪引かれながら帰宅、その後ネットオークションで入札しました。
2件の出品があり、そのうち1件は「入札者評価制限」なるものに阻まれ
もう1件の方で690円(+送料)で希望の品を無事落札いたしましたー。

待つこと3日。仕事から帰ったらポストに包みが!はやる気持ちを
おさえつつマンションの階段を4階まで上がり、部屋に入ると留守電が
2件入っていて1件がダンナの実家のおばあちゃんからで
「餃子と豚まんあるからとりにおいで〜」とのこと。 なぬなぬっっ。
CDっ。聞きたいーーっ。でももう外も暗いし、遅くなる前に先にもらいに
行かなくてわ。でも、じゃあパッケージだけでも。。と、包みを開封。 
な、懐かしい…
感動もほどほどに、実家へお邪魔しおすそわけを遠慮なくいただき、
その夜は偶然ダンナさんが晩ご飯不要とのことだったので一人で
餃子と豚まんと、そして「詩人の血」をたっぷり堪能したのでした。。。

何度も書きますが、かれこれ10年以上は経っているのですが私の
記憶もなかなかのもので、けっこう歌える…。17・18歳位の、
言ってみれば多感な時期に聞いていた音だけに、つられて何かと
思い出したりしてしまいました。もうこれは手放さないと、心に決めました。
手に入ってホント良かったー。

そして、人間の欲望とは果てしないもので、できればもう1枚
手に入れたい。今回購入したものより1つ前のアルバムを。
(ダンナさんに、いい加減にしろ と叱られそう。。)
[PR]
by eclair502 | 2005-09-16 22:33 | 趣味的

草間彌生

先週末の友達の家からの帰り、少し足をのばして小さなギャラリーに
立ち寄りました。開催されていたのは草間彌生さんの展覧会です。

草間彌生(クサマヤヨイ)。 前衛芸術家、彫刻家、小説家。
世界的に有名なアーティストです。

初めてこの名前を目にしたのは去年の春、知人の結婚式で東京に
行った時、地下鉄の中で展覧会の広告をたくさん見て、全然知らない人で
漢字も読めず、新鋭の男性芸術家か?くらいにしか思っていませんでした。
それから1年以上経ち、今年の夏にテレビの番組「たけしの誰でもピカソ」を
偶然見ていて『あ、あの時の!』と思い出し、あらためて女性ということ、
70歳を越えても現役バリバリの芸術家ということ、その作品の圧倒的な
パワーにクギヅケになってしまいました。話し方も独特で、人には見えない
ものも見ていそうなまなざしで、何にも媚びない、卓越したものをひしひし
と感じました。番組の中で、最後に出演記念にセットに絵を描いたのですが
その時の目がちょっと恐いと思えるくらい力強くてオーラが出ていて、
それ以来、強烈に私の中にインプットされたのでした。

その後、ネットでちまちま検索していたら、わりと圏内で展覧会があることを
キャッチし、ようやく「生」で作品を観ることが出来たのでした。

今回の作品は、わずか10歳の時から描き続けている水玉と網目模様の
版画が主な作品でしたが、大胆な色使いととても丁寧な仕事が印象的で
お値段もこの有名さにしてみれば良心的な感じでした(普通のことなのか?)。

本当はもっといろんな作品をたくさん観てみたいのですが(彫刻とか)
そう遠くまでは行けないので、いつか私の住む町とは言わないまでも、
近くで大きな展覧会が来ることを心待ちにしています。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-13 22:31 | 趣味的
実はここ2・3日、ずーっと頭から離れないことがあります。
今日も気が付いたら『そのコト』が頭を巡っていました。それは…

『詩人の血』

ご存じの方、あるでしょうか。フランスの、ジャン・コクトー監督の映画
からその名前をとったと言われる、日本の男性3人からなるポップスグループ
の方です、私が気になっているのは!

高校生の時、友達が(当時、ウォークマンで)聞いていたのをチラッと借りて
聞いてから、意味があるのかないのかわからない歌詞と、その歌詞に
合ってるのか合ってないのかわからないメロディーに、ちょっと甘えたような
高音のボーカルが印象的で(けっこう好き嫌いされてしまうような感じ)、
すっぽりハマったのでした。私の中で最も熱かったのはちょうど受験シーズン
だったので気分的にも体感的にもちょっと寒い というイメージがあるのですが。
その後大学に入り、当時住んでいた大阪のFMで新曲がヘビーにローテーション
されてちょっと認知度が上がって、その友達とライブも行って、
その後の記憶が全くない。。。
なぜ、こんな唐突に思い出して気になっているのかさえも、もうワカラナイ。。。
ぐらい、取り憑かれているんです〜

それで、昨日からネットでいろいろ検索してみて(便利な時代になりましたよ)
書き込み等でその後の情報もぽつぽつ拾い、弱ーく思い出しながら、
さらにボーカルだった方のHPにも辿り着きました。当時はロン毛のチリチリ
ソバージュで線の細ーいお兄ちゃんだったのに、今はわりとおじさんに
なってました。(10年も経てば、あたりまえか)
こうなると、どうしてももう一度アルバムを入手して聴きたいなぁぁ。
こんなことになるとは当然想像もせず、持ってたCDはかなり前に中古屋さん
に売っちゃったよ〜。でも今になるとレンタル含め、何軒まわっても見つかり
ません。もったいないことした(泣)

最終的にはやはりネットオークションか…でももし中古屋にあるとしたら
多分もっと安いと思うし…でも聴きたいし…気になるし…

今後、もし機会があれば、追って報告したいと思います。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-02 21:55 | 趣味的

フラメンコ発表会

今日は新卒入社時代の同期の友達が通っているフラメンコ教室の発表会があり
地元の友達と2人で観に行ってきました。(私は2回目)

フラメンコと言えば赤いバラにカスタネットって感じですが、さすがにバラを
くわえている人はおらず、カスタネットもオープニングの1グループの
わずかな時間のみ。それでも、情熱の国スペインの踊りらしい、
熱いあついステージでした。

「カンテ」と言うのか、あの特有の節回し(?)で歌う女性コーラスと、
アコースティックギターどちらも2人づつと、舞踏家でもある教室の先生の
完璧な手拍子がかなりの迫力で、それをバックに生徒さんたちも
カラフルな衣装で文字どおりスカートの裾をひるがえしながら激しく、
とても一生懸命に踊っていました。

テレビなどを見ていても時々思うのですが、フラメンコに限らず、
例えばヒップホップのダンサーとかバレエとか、その他では演劇を
する人(俳優)や、歌手など、自分の体で「表現」をする人って、
すごいパワーを持ってるなーと、感心してしまいます。
もちろん、美術作品をみたり小説を読んだりしても感動はするし
影響されたりもするけどその人そのもので、こう、うったえかけられると、
ダイレクトに伝わってくるようで他とはちがった力強さがあるなぁと、おもいます。
私は、どうしても自分を見られるのなんか恥ずかしいぃーとか思うので、
それが出来るのってすごいなーって。

彼女とは新卒時代からなのでかれこれ10年近い付き合いなのですが、
知り合った当初からすでにフラメンコを習っているので、おそらく10年以上の
キャリアの持ち主。少し前に、 「そこまでフラメンコを続ける理由って、なに?」 
と言う話をしたら、彼女は 「ここまできたら、意地?」と言っていて、今でも
その言葉が忘れられません。
こうなったら、体が許すかぎりずっとフラメンコを続けてほしいと思います。

そして今日はもう一つビッグニュース。
なんとご懐妊報告です!! もちろん、これも私ではなく今日一緒にいた
友達のこと。現在5か月らしく(もっとはよ言えって!(笑))つわり時期もあり
2キロほどやせてしまったらしいのですが、いまはだいぶん落ち着いていて、
今日も一緒に熱い舞台をみました。
帰りの電車の中で打ち明けられたのですが超ビックリで、いつものように
私の方が興奮ぎみ。でもこういう話は関係ない私でもなんかパワーを
もらえそうでドキドキします。
とにかく、ひとまずおめでとう!そしてこれからもいろいろ聞こうっと。
[PR]
by eclair502 | 2005-08-21 01:05 | 趣味的