timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

草間彌生

先週末の友達の家からの帰り、少し足をのばして小さなギャラリーに
立ち寄りました。開催されていたのは草間彌生さんの展覧会です。

草間彌生(クサマヤヨイ)。 前衛芸術家、彫刻家、小説家。
世界的に有名なアーティストです。

初めてこの名前を目にしたのは去年の春、知人の結婚式で東京に
行った時、地下鉄の中で展覧会の広告をたくさん見て、全然知らない人で
漢字も読めず、新鋭の男性芸術家か?くらいにしか思っていませんでした。
それから1年以上経ち、今年の夏にテレビの番組「たけしの誰でもピカソ」を
偶然見ていて『あ、あの時の!』と思い出し、あらためて女性ということ、
70歳を越えても現役バリバリの芸術家ということ、その作品の圧倒的な
パワーにクギヅケになってしまいました。話し方も独特で、人には見えない
ものも見ていそうなまなざしで、何にも媚びない、卓越したものをひしひし
と感じました。番組の中で、最後に出演記念にセットに絵を描いたのですが
その時の目がちょっと恐いと思えるくらい力強くてオーラが出ていて、
それ以来、強烈に私の中にインプットされたのでした。

その後、ネットでちまちま検索していたら、わりと圏内で展覧会があることを
キャッチし、ようやく「生」で作品を観ることが出来たのでした。

今回の作品は、わずか10歳の時から描き続けている水玉と網目模様の
版画が主な作品でしたが、大胆な色使いととても丁寧な仕事が印象的で
お値段もこの有名さにしてみれば良心的な感じでした(普通のことなのか?)。

本当はもっといろんな作品をたくさん観てみたいのですが(彫刻とか)
そう遠くまでは行けないので、いつか私の住む町とは言わないまでも、
近くで大きな展覧会が来ることを心待ちにしています。
[PR]
by eclair502 | 2005-09-13 22:31 | 趣味的