timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

なつかしグッズ

実家へ帰った時に、父親が手にしていたものをふと見ると
な〜んと懐かしいものが目に入りました。
「うわぁっ 懐かし〜〜〜!ひゃ〜、まだ使えるんや〜!」
と言いまくっていると両親とも
「そんな懐かしいかぁ??」
と呆れていたのですが、そのモノとは・・・・


e0038355_1214286.jpg

大きさは、横は今の折りたたみ携帯を開いたくらいで、縦は携帯より
少し長くて、単三電池が長い方向並びに3本入ります。わりと重い!
もうお判りですね?


e0038355_1241243.jpg

スイッチオン! はーい、計算機でーす。
数字が緑色に光ってますが。
・・・・ちょっと不思議に思いません?


e0038355_1255718.jpg

数字が左から→こっち向きに出ます。
確かに、金額とかを文字にする時はこう書く。
でも今の計算機はご存じの通り、位が一つづつ←こっち向きに上がっていく。
うわ〜〜、こんな計算機、もうお目にかかれないような気がするよ〜。


e0038355_12115375.jpg

そしてさらに、写真右下の双方向矢印(←→)のボタンをポチッと押すと
写真左下に赤いランプが付いて、数字の画面が第2面に切り替わります。
つまり、6桁の数字が2画面あって、全部で12桁。それって・・・・
1000億!?
そんな計算、どんな人が必要なんやろう。。。

うちの実家だけではないと思うけど、昔の人は物を大切にするからなのか
懐かしいものがあれやこれやいーっぱいあって、すでにひとつのワールドだな
って思います。この計算機も相当古くて、私の記憶の中にはすでに存在するし
たぶん30年はあるんじゃないかなぁ。
スイッチの接触は確かにちょっと悪いけど
「まだまだ使えるで」
と、父親の一言がちょっと嬉しかったです。

いやー、貴重なものを発見しました〜。
[PR]
by eclair502 | 2008-03-25 12:26 | 趣味的