timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

久々のお出かけ

昨日、のびーとすごい久しぶりに休みが一緒になって、
またまた京都までお出かけしてきました。
私の体調も安定してきたし、長い間遠出をしてなかったので
本当に久しぶりのお出かけとなりました。天気もよかったし最高!
お出かけ=グルメツアーの定説(笑)どおり、今回も美味しいもの
食べまくりだったのでそちらの紹介を。

『京のつくね屋』
こちらはお昼ご飯。京都では有名な親子丼のお店で、11時半過ぎに
入ったのですがわずか15分後には満席状態になってました。
グッドタイミング!!
周りの人もみんな注文してたのがこちら。
e0038355_11105913.jpg
「親子丼」¥1,360
お昼限定のメニューです。地鶏と厳選された卵3つをつかった
贅沢な親子丼。鶏は臭みがなくプリプリとした歯触りで、卵も濃い!
イイ値段するけど、うなずける絶品でした。食べた直後に「また食べたい〜」
とアホなこと言ってしまいました。また食べたい!!

『円通寺』
その後北山をさらに北へ上がり、ひっそりと奥地に佇むお寺へ行きました。
こちらは、後水尾上皇という人が比叡山が一番良く見える場所を探しに探して
造ったという借景庭園が有名で、たしかに庭園の向こうには比叡山の稜線が
とてもキレイに見えました。周辺の開発でこの景色が見られるのも残り僅か
だそう。もったいない限りです。

『宝ヶ池公園』
国際会議場と併設されてる池のある公園。桜が満開でポカポカ陽気の中
お花見客や犬の散歩、外国人の方もちらほら。時々風が吹いて桜吹雪に
なっていました。ベンチに座ってまったりのんびり。のびーもわたしも眠く
なってしばらくボケーッとして、ただただ時間が過ぎていました。

『御倉屋』
こちらは和菓子のお店。行ってみてびっくりした。というのも、
お店に入ると中はひっそりとしていて薄暗く、お店の人もいなければ
お菓子もありません。唯一、片隅の小さなショウケースにお菓子のサンプルが
値段も付けられず並んでいます。決して広くないフロアには上品そうなおばさん
が腰掛けていて、あきらかにお店の人ではない。
「あれ?ここで合ってるの?」「誰もいないの??」「注文はどこでするの???」
「ホンマに販売してるの????」と、ハテナマークが飛びまくってる私達は
あたりをウロウロ、ショウケースの裏側になってる通路の方まで入っていって
奥の様子を伺ってみたり明らかにヘンな奴になってました。しばらくすると
奥から普通の家の人みたいなお姉さんが出てきてお互いビックリ。
大変失礼いたしました(恥)
その後、お目当てのお菓子を注文すると、そのお姉さんはまたまた奥へ入り、
待つことしばし。まもなく商品を持って出てきました。「945円です。」と言われた
ので1000円札を手渡すと、すでに準備されていた55円のおつりをその場で
もらい、丁寧に送り出されましたとさ。
「なんか、すごいお店やったね〜」「あんなん初めてやなぁ。」「経験て必要〜」
とか言いながら、次の目的地へ。

『キルフェボン』
行っちゃいました!食べました!以前、はやくみさんのブログで初めてその存在を
知って、頭の中にインプットされていたお店。平日にも関わらず大勢の人で
溢れてました。喫茶は30分待ちと言われたのでその間木屋町界隈をうろうろ。
お店に戻ってからも、どのタルトにしようかたっぷり悩めるくらい時間が
ありました。お客さんの9割は女性だったけど、タルトに目がないのびーは
どれにするかで頭がいっぱいになっていて全く気にならない様子(笑)
そしてコレ。
e0038355_1217481.jpg

手前は私の「柑橘のタルト」、奥はのびーの「雷峰のタルト」。
「雷峰?雷峰てなんやねん??」「いちごのことちゃうん。」とここでも
ボケ全開の私達。とにかくいただいてみました。タルト生地は甘さをぐっと
押さえていて、その上のカスタードと果物の美味しさが引き立ってます。
おいしい〜!つわり以降、ケーキの類いをあまり口にしてなかった(欲しいと
思わなかった)ので、こうやってのびーとお茶するのも実はすごい久しぶり
なのでした。あ〜、ケーキの美味しさを再確認。これはまずいかも!?

今回のツアーはすべてのびーが探して組んでくれました。私のカラダに
なるべく負担がないように、でも美味しいものを押さえつつ・・・。
市内はどこも桜がキレイに咲いてたし、暖かくて春を感じた1日でした。
お出かけが久しぶりということだけでもうれしかったけど、イイモノを
食べて幸せな気持ちになりました☆
やっぱり我が家は「花より団子」
[PR]
by eclair502 | 2007-04-13 12:43 | 旅行的