timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

Papantla - パパントラ村(遺跡その2)

7日間のうち1泊2日でシティからバスで約6時間かけて
「パパントラ村」へ行きました。メキシコ湾に近い、バニラの産地。
世界のバニラはここからスペイン人によってヨーロッパに渡り
お菓子づくり等に使われるようになったそうです。

『ホテルタヒン』
e0038355_16185950.jpg
パパントラのソカロ(中央広場)にあるカテドラル(大聖堂)の
真横にあるホテル。飛び込みでも十分?空いてます。4人1室、
トイレ・温シャワー・エアコン付きで(確か)480ペソ。ちなみに
温シャワーは夜でなく朝に出ます。(メキシコでは朝シャワーが普通。)


ソカロ(カテドラル)
e0038355_16294625.jpg
カテドラルの向かいに公園があり、夜にはどこからともなく人が出てきて
何とはなく賑やかになる。暑い土地なので夜になってから活動をはじめる
ようです。公園のまわりにはメルカド(市場)があり、バニラの枝(芳香剤)
やカカオ豆・コーヒー豆などの名産品屋さんがあったり、村人の台所と
なっています。


緊急ミーティング
e0038355_16385176.jpg
と称して、ホテルの2Fロビーでプチフィエスタ(??)。おいしーい
メキシコワインと生ハム・サラミでサルー(乾杯)!!マチョ君はこの瓶と
グラスをこっそりシティから担いできてくれたのね・・・感激(涙)


パパントラの朝
e0038355_1647365.jpg
ようやく晴れた!今日の遺跡は暑くなるかな・・・


『El Tajin』 - エル・タヒン遺跡
パパントラからバスで約30分。ここは紀元後600年頃から建設された
古代都市。800年〜1200年が最盛期だそうです。世界文化遺産。
e0038355_17183618.jpg
まわりを緑で囲まれた、自然溢れる遺跡。
ここはティオティワカンとは違って、遺跡はとても自然な感じを受ける
状態で保存されています。建物は崩れかかったままのところもあるし
壁面も決してキレイにはされていない。けど、それが時間の流れを強く
感じさせてくれます。


『Piramide de los Nichos』壁龕(へきがん)のピラミッド
e0038355_17194197.jpg
一番上は祭壇で、その下に並ぶ窓(窪み)は合計365あるらしい。
マチョ君の解説を聞いてちょっと鳥肌・・・。


e0038355_1811087.jpg
エル・タヒンの中央に位置する最も有名なピラミッド。
荘厳。


e0038355_17301045.jpg
遺跡のまわりはまだまだ丘のような入れないジャングルがいっぱい。
・・・・埋まってるんでしょ・・・・?


e0038355_17325013.jpg
ホテルのチェックアウト時間がある事にも気付かずついつい
眺めてしまう、この空気・景色・世界。異空間です。


とうとうホテルに戻り、チェックアウトして昼間の村散策。
e0038355_17445038.jpg


その後、ホテルのレストランでお昼ご飯を食べました。
e0038355_1748568.jpg
メキシコの定食「コミーダコリーダ」。
左=まずはでっかいグラスにアグア(水。だけど一般的に清涼飲料的なものが
でます。これはレモン水)。つづいてソパ(スープ)。
中=焼き立てトルティージャはおかわり自由。もちろんサルサ・リモンとともに。
右=今日のメインは鶏肉のチレ煮込み・ピラフとフリホーレス。
ウェイターのお兄ちゃんは「そんなに辛くない」と言ってたけど、わりと辛いよ・・。


パパントラ村はシティとは違ってすごく素朴なメキシコを感じられる
ところでした。緑が多く、いわば「田舎」でのんびりくつろぐという感覚で
過ごすには最適。名残惜しくもまたバスで6時間揺られて帰りました。
e0038355_1863683.jpg

[PR]
by eclair502 | 2006-12-03 18:06 | 旅行的