timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

新事実発覚

今日はお昼に卵管造影と子宮鏡の検査を受けてきました。

まずは検査の前に先生とお話です。
診察室で暫く待たされているスキに、自分のカルテを盗み見(笑)。
すると、1ページ目に『卵巣機能不全』と『不妊症』とハンコがありました。
なるほど、私はそういうタイプの不妊症なのねー(初めて知った。恥)
ダラダラと低温期が続き、卵胞がなかなか大きくならずに排卵に
至りにくいというのがそれなのかな?(盗み見のため先生には確かめず・・)

その後、先生と一緒にモニターを見ながらまず子宮鏡検査から。
奥の方にぽちぽちっと小さな穴が見えた時、先生が
「あれが卵管の入り口ですね。」
おお。初めて見ました。あたりまえですけど。穴同士は意外と接近してるのね。
「子宮は、ちょっとでこぼこしてるけど、大丈夫。問題ないですよー」
そうそう。表しにくいけど、イボイボなのではでなく、おっきなこぶが
ぶつかってるような感じでした。トンネルみたいな形を想像してたので
へぇ、意外・・・て感じでした。自分でいうのもヘンですが、きれいな
ピンク色でした。。。

そして、卵管造影へ。
痛いの?痛いの??
と、ヒヤヒヤ、ハラハラしましたが、めっちゃ大丈夫でした!!!(涙涙)
造影剤は機械で注入されるタイプで、若干生理痛のような重い痛みは
ありましたが30分程度でほぼ回復。あーーーよかったーーー。
やはり左側は前の造影と変わらず上の方にありました。で、結果は
『卵管狭窄』でした。
造影剤の注入圧がちょっと高め(液が入りにくいということ)だったのです。
ナルホド。そうだったのですねぇ。。。

とうことで、「通水治療をおススメします。何度か行って、また3ヶ月後
くらいに再検査を・・・」と、いわれました。
通水?なんか聞いたことはあるけどよくワカラナイ。。。でも、想像するに
痛いの?痛いの???

今日は、いつもの先生ではなく初対面の男の先生でしたが、
淡々と(さらに言えば機械的に)検査を進めてくれたので逆にそれが
よかったかも。造影検査も2回目だったし痛みも少なかったし
前よりは気分的にも余裕があったと思います。でも夕方家に帰ってから
ちょっとムカムカしてきて気分が悪くなって、横になって寝ようとしたら
金縛り・・・。せっかく寝ようと思ったのによけい疲れる・・・

気分転換に今日のまとめを更新してます(笑)
来週はいつもの先生に診察してもらう予定。ここ(のクリニック)は仕事が
終わってからでも通えるところがうれしい!今日は有休使っちゃったけどね。。

さ、のびーがカエルまで、もうちょっと寝転んでおこう(笑)
[PR]
by eclair502 | 2006-09-15 20:56 | 身体的