timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

予定中

先日、うちの実家へ台湾土産を持って行った時のこと。
母がなにげーに
「あんたたち、こどもはどうするん」
あまりの意外なひとことにちょっとドキッとしながらも、
私 「え〜?まぁ自然にまかせるっていうか・・・ゴニョゴニョ」
母 「自然にまかせとっても、できるかできへんかわからへんし、
     やっぱり一人はほしいしなぁ。」
私 「ほしい??」
母 「そうやなぁ。」

・・・正直、ちょっと面食らってしまいました。

私 「まぁ、私だけがほしいと思てもできへんから、のびーと相談するわ」
母 「うん。よう相談しぃ」

夜にさっそくこの話をのびーにしました。
の 「今は良くても、もっと歳いったときにほしいと思ても遅いしなぁ。
     お母ちゃんも(将来的に)心配なんやで。。」





母にしてみれば、一応仕事をしているとはいえ、習い事や海外旅行など
のんきに過ごしている私の姿が長い間心配だったのかもしれません。

今年に入ってから通院もしなくなり妊娠にも至らないまますでに半年以上
遊び回っている生活。確かに最近では「社会的責任も果たさず(『社会的
責任』が一体どんなものかもよく判らないけど)こんな生活を送ってて
良いものか、、いつまでこんな生活続けるんかな、、」と、漠然とした不安
みたいなものも、実は持ちはじめていました。

「ワンピなんか着たら、周りに要らん期待を持たせてしまうから
着られへんわ〜」 とか、「私らの周りでは皆順調に出産してるし、
友達同士の中で1軒くらい子供のない夫婦もあっていいかなーって」
とか、大きな声では言えなくてものびーには言うことがありました。
『こどもは夫婦のこと』と思いながらも、「あそこはお子さんまだかいなー
とか言われてるんやろなー」と、のびーと話しすることもありました。

私達夫婦と両家の実家がそれぞれ近いだけに多分想像もつかない
ようなところでいろんな人たちに実は見られているのかな?って。でも
それを感じているのは何も私達夫婦だけでなく、両親たちも同じように
もしかしたら私達以上に、感じているのではと思いました。

ちょうど1年前は「不妊を受け入れた(自覚した)」時でした。
今は「出来ないことを受け入れ」はじめたところです。
でもだからといって諦めたわけでなく、ホントに『自然にまかせる』
状態だったのですが、この1週間くらいは「もう少し、いろんな力を
借りようかなぁ。」という気になってきています。

現在、高温期1週間目くらい(旅行に行ってたので目安程度(笑))。
次の周期から、通院しようかと思っています。
今年は仕事が週4日なので、仕事を休んだり遅刻、早退など
職場にも迷惑かけることになるかもしれませんが、、、そんなのは
言い訳にすぎませんよね。

去年よりは、もうちょっと冷静に(?)治療に望めそうな気もしています。
でもいざ始まるとけっこう熱くなって、ハマるのが不妊治療。。

また、ここでなにかと発散させていただくことになるかも。
どうぞ、暖かく見守ってやってください。
おねがいいたします(祈)。
[PR]
by eclair502 | 2006-07-27 22:39 | 私的