timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

台湾旅行 〜食〜

美味しいものいっぱい。
何せ日本人の口に合います。中国(上海に行ったことある)ほど
油もにおいもなく、調味料も日本に近い感じ。日本の影響もあるのかも。
自由行動の間はつねにお腹いっぱいーとなるのですが、目的地を
移るとなぜか入ってしまうという恐ろしい状態でした。皆の遠慮はほぼ
わたくしがいただきました。。。。
e0038355_196454.jpg『台北牛乳大王』
お店の名前です。大王って、、カタカナでいえば「○○キング」って感じなのか??ここはフレッシュな果物と牛乳をその場でミックスジュースにしてくれます。左からキウィ牛乳、マンゴーシェイク、パパイヤ牛乳。お味は、ストレートに果物+牛乳でした。もうちょっと冷えてたらより美味しいかな?でも基本、イケてます。


e0038355_1913853.jpg『冰館』
お馴染み、マンゴーかき氷!完熟の甘ーいマンゴーがゴロゴロと乗っかって、はちみつ(メープルシロップみたいな)、練乳、マンゴーアイスの組み合わせがたまりません!4人で1皿で充分満足。お店はわりと並んでます。夜だけど暑かったので溶けるのが早い早い。もったいないよー。。。


e0038355_19214685.jpg『阿宗麺線』
テーブルもイスもない、立ち食いの麺屋さん。ビーフンのような柔らかい細麺とモツ系のものが入ってます。味は鰹だし。そしてソース?に似た風味。ピンと来たのは「たこ焼きの味・・・」ちょっとピリ辛でとろみのあるスープでした。ここも結構並んでます。4人で「大」を1杯。ちょっとクセになりそうなお味です。


e0038355_19343616.jpg『鼎泰豐』
本店は激混みとの(手書きマップ)情報により、支店に行きました。上から、「小籠包」・「エビ蒸し餃子」・「空心菜炒め」・「酸辣湯(サンラータン)」。小籠包は言うまでもなく、餃子の皮は分厚くてムチムチ。空心菜はその名の通り、茎がストロー状に穴が空いてます。シャキシャキで塩味加減がちょうどイイ。酸辣湯は漢字の通り、酸っぱくて辛いスープ。でもあまり酸っぱくなく辛さもそれほどでもなく、わりと軟らかめなお味でペロッといけます。


e0038355_19451983.jpg『高雄五鮮蝦鮮肉扁食専賣店』
私はここが一番好き!手書きマップが教えてくれた、B級グルメのおみせ。激安激ウマ!写真はエビワンタン麺。あっさり塩味でもしっかりダシが効いてます。エビワンタンもプリプリ肉厚でサイコー。ジャッキー・チェンも好んで訪れるとか。彼の写真の隣にはのりぴー(酒井法子)の微笑んでる写真もあったよ。B級の王道(?あってる?)らしい、お水も出ないし狭くて決してキレイとは言えないお店ですが、不潔感はなくおばちゃんも愛想が良い。ナナメ横で食べてた母娘、おもむろに母親がカバンの中からアルミホイルにくるまれたパンを取り出し食べてました(!!)。恐れ入ります。。。


e0038355_1954248.jpg『紫藤廬』
昔々は日本家屋だったらしい建物をそのまま活かしたお茶屋さん。夜に行ったのですが暗い館内の雰囲気が妙に落ち着きます。昼間に行ったらまた違った感覚だろうなーと思います。メニューは漢字ばっかりでイマイチわからなかったので、テキトーに頼んじゃいましたが、「太昫」(←字が違うー。日へんに旬です。たぶん)は、スッキリサッパリした、緑茶の薄ーい色をしたお茶でした。お変わり用の葉っぱをもらってきました。お菓子の名前は忘れましたが味は「ゴマ風味きな粉練り菓子」て感じ。しっとり、まったりさがお茶によく合います。おかわり用のお湯をテーブルに鉄瓶のまま火にかけておいてくれます。なんて良いサービスなんだー(涙)

実は、牛乳大王とかき氷は同じ日で、お昼間には別のお茶屋さん、
さらに晩ご飯もしっかり食べてます。
『欣欣魚翅坊』でフカヒレ、アワビを食べました。あまりの興奮に
写真なし(泣)。高級食材がリーズナブルに食べられるというお店で、
一人鍋にフカヒレ(小)がいっぱい、アワビは薄切りでたっぷり。

さらに、『阿宗麺線』以下はすべて次の日で、デジカメの記録時間を
見てみると・・・
『阿宗麺線』→pm20:35
『鼎泰豐』→pm21:37
『高雄五鮮蝦鮮肉扁食専賣店』→pm22:25
『紫藤廬』→pm23:44
リアル(恐っ)。
[PR]
by eclair502 | 2006-07-21 20:25 | 旅行的