timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

「ダ・ヴィンチ・コード」

観ました。

今日の目的は別にあったんです。のびーも休みで、前に叔母さんから
いただいたホテルランチの割引チケットを使って鉄板焼のステーキ
ランチを食べに行ったのですが(これがまた美味しかった♡)、ホテルと
併設されている映画館で上映していて、しかも木曜日は男性1,000円!
これは観るっしょ。

いっぱいかなぁと思いきや、わりと空いていて上映時間ギリギリ(予告編は
すでに始まっていた)に入ったものの、けっこう良い席で観られました。

公開前からすごい話題でTVでもバンバン特集が組まれていたので
はたしてどんなにすごいのか!?と期待も大きかったのですが。。。
スケールも大きく映像も凝って(?)作られていて、大作って感じでした。
『謎解き』のお話なので予想しながら、ハラハラドキドキもあって
楽しめました。
が、何しろ「イエス・キリスト」と「キリスト教」の話なので、それに関する知識の
乏しい私は、その背景だとか考え方とか思想・宗教観などがよく理解出来ず、
逆にそれを全面に押し出したストーリーと展開に、ついて行きづらいものも
ありました。うーん・・・。例えていうなら、
「今のアメリカン・ジョーク、面白かったん?本当の面白さがワカラナイ、ので、
腹の底から笑えへんよぅ。」
って感じかな。。。ヘンなたとえでスミマセン↓↓↓(泣)

あと、『ダ・ヴィンチ・コード』というだけに、彼の作品を解析していくことが
物語のベースなのかと思っていたら、決してそうではなくて(もちろん作品
には大事な事が詰まってるのだけど)、キリストの謎を、彼の作品をとおして
解いていくというものだったので「あれ?そうなん。」て感じでした。
彼の絵は、ていうか彼自身がとても謎なんですけどね。その辺がもっと出てくる
かと思ってたのですが。。

私は原作を読まずに行ったので(かなり飛び込みやし)、人間相関図とか
誰が「いいもん(良い人、味方)」「わるもん(悪い人、敵)」かとかを把握しようと
するのでけっこう大変。おまけに内容もちょっと難しいので、できれば原作を
読んでから行く方が良いかと思われました。観終わった今でも「原作、読も。」
と思いました。

1,000円にしては全然イケテます。別に評価が悪いわけでないのだけど
手放しで「めっちゃ面白かった!」「感動した!」となる種類の映画ではなかったかな。
というのが率直なところです。パンフレット、買っといたらよかったなー・・・。
[PR]
by eclair502 | 2006-05-25 23:22 | 趣味的