timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

「LIMIT OF LOVE 海猿」

今日、のびーは早番で、その後会社の呑み会。
早番てことは遅番の人もいるわけで、「じゃあ呑み会までの時間
オレっちどうしよう?」ってなって「映画を観よう」とひらめいたらしく、
私も仕事終わりで合流してさくっと「海猿」を観てきました。

最近夕方にドラマの再放送をしていたのをのびーが観てはまっていて
前回の映画もテレビで放映されてたのでそれを二人で観てから
狙っていた映画でした。

入場まで少し並んだのですが、観客の入れ替えの時に出てくる人(女性)
がけっこう泣いてて、「そんな感動するんやー。じゃあ(?)たぶん私も泣くー」
と思いながら観たら、やっぱり「愛」と「感動」の物語で、終盤は劇場内から
すすり泣きが。。「これは泣く為に作っているのだ」と思って私も泣きました。
潜水士の話なので途中息苦しくなったり思わず息を止めてみたりする
場面もあり、迫力あるシーンが多かったのでやっぱり劇場で観るのが
イイと思いました。

「海猿」のドラマは観たことなくて、テレビで放映された映画を見て初めて
海猿の話の内容を具体的に知ったのですが、主演の伊藤英明とヒロインの
加藤あいが何となくピンとこない感じで残っていました。でも今日ちゃんと
観てみて、例えば主演が坂口憲二とかだったらちょっと熱すぎてさわやかさに
欠ける感じだし、例えばヒロインが柴咲コウとかだったら存在感強すぎって
感じになりそうだから、この二人でちょうどいいのかなぁーと思いました。

邦画はあんまり観ないとか言っときながら、けっこう感情移入して観てます。
今回はディスカウントチケットショップで一人¥1,380也。
感動を味わえる1本でした。
[PR]
by eclair502 | 2006-05-20 01:09 | 趣味的