timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

電動ろくろ

今日は陶芸教室。体験教室から半年が経ちました。
先月に手びねりの課題を一通り終え、今日からいよいよ電動ろくろを
始めました。ろくろに触れるのはおよそ6年ぶり。初心者も同然です。

ろくろは、だれでもTVなどで1度は目にしたことがあるかと思います。
何でも無いように見えるのですが実際やってみるとなんと難しいことか!
生活で使う器はたいていが左右対称なので回転させながら形を作るのは
いたって合理的なのですが、自由自在に変形する物質を動かしながら
コントロールするのは至難の技。土は嘘をつかないので、私(私の手が)が
命令したとおりに形を変え、ほんのわずかな力の加減で器の厚みが極端に
薄くなったり分厚くなったり。自分のからだ、この場合は手首から先ですが、
この手のひらさえ自分の思うように動かせないというもどかしさと情けなさで
いっぱいになります。さらに、回転の中心軸がずれていらたちまち器全体が
歪んで左右対称でなくなります。それどころか歪みはどんどんひどくなって
器は出来上がりません。はじまりが歪んでいると収集がつかなくなるなんて、
まるで世の中の縮図をみせられているような気さえしてきます。(実際、そう
なんかな。。)

今日は第一回目ということで、こてんぱんにやられた感満載ですが、今は
まだ粘土遊びの延長にあって、単純に土を触ることが楽しいと感じました。
まだまだ始まったばっかりですが、はやく自分の手を思うように動かして
それを土に伝えられるようになりたいです。 まぁ、あせらずあせらず…
[PR]
by eclair502 | 2006-02-05 23:11 | 陶芸的