胎内の記憶

またしても半年振りの更新。
色々と言い訳もしたいところですが(笑)
我が家は皆すこぶる元気、子供達に至っては腹立つほど元気(苦笑)
本当にありがたいことです。

さて、「胎内の記憶」。

このことについては、大学時代、バイト先の社員さんに話を聞いて
初めて知りました。
2~3歳頃の子供が、お母さんのお腹の中でのことを覚えていて
話してくれることがあり、でも一度質問したらその時点で記憶は
消えていく、つまり聞くチャンスは1回だけ。
まぁ後半の方はホントの事かどうかわかりませんが・・・

そのときは、「へぇ~、そんなこともあるんや~」という程度でしたが、
実際子供を持つと知りたくなる、わが子の、私の中での記憶。


今日、子供達と晩ご飯を食べている時、今の家に引っ越してきた時の
ことや、以前住んでいたマンションの話、それよりも前のことなんかの
話題になり、この子たち案外色んな事を覚えてるんだなぁと思いました。

そこでふと思いついた、胎内記憶のこと。
この話の流れを利用すれば、唐突過ぎず、何となく自然な感じを醸し出し
ながらうまく聞きだせるかなぁ~と思って、やってみました。

ターゲットは、ハナ坊。

最初の誘導は

「今、ハニーもハナ坊も、昔のこといろいろ話ししたやんかぁ。
そんな風にね、お母さんのお腹の中におった時のことを覚えてて
しゃべってくれる子も時々おるんやって~。
・・・ハナ坊は、お母さんのお腹の中におった時のこと、何か覚えてる??」

ていう感じで聞いてみると・・・


意外や意外!

「うん、おぼえてるでぇ~」

とか言いながら、ポツポツと聞かせてくれるではありませんか!

来週にも4歳の誕生日を迎えるハナ坊。
今までにもいろんなものを見たり聞いたりして、全部が全部ハナ坊の
記憶かどうかは分からないし、想像や空想で話をしてるだけかも知れないし
ハナ坊の話をどこまで信じるかは聞いた人にゆだねるしか仕方ないんだけど、
それでもなかなか面白い話をしてくれました(笑)




-----お母さんのお腹のなか、どんなんやった?
「ごはんとおやつが流れてきたで~」
-----へぇ~。おやつ?
(左手を上から下へ動かして、水が流れるようなゼスチャーをしながら)
「シューっていう音がして、食べるものが出てきたよ。」


(エビが跳ねるような、お尻を後ろに突き出すような振りをして)
「一回だけ、こうやって動いた。後ろに行ったで~」


「ちょっと大きくなったら、上に行ったり下に行ったりした。」


-----誰かの声とか聞こえた?お父さんとかお母さんとか・・・
「お母さんの声は聞こえた。」


-----狭くなかった?
「中はちょっと広かった。まあるい形やった。
(人差し指で丸を描きながら)こんなん。」


「ご飯の多さはぴったりやったから、お腹は空かなかった。
でも外に出たら、お腹が空いた。」


-----どんなとこから出てきたん?
(両手で頭の上を掻きき分けるような振りをしながら)
「ちょっと広がったとこから出てきた~」


-----どこから出た?足?手が先に出てきたとか?
「ううん、お顔やで!顔と、のどが先に出た。」


「重さは普通やった」
(???)


-----出た時、明るさはどうやった?まぶしいとか、暗いとか・・・
「出てきた時は、ちょっとだけ明るかった。お母さんがお家に
おったから・・・」
(たぶん、室内にいた、という意味だと思われる)


「お母さんが立っても、下に流れて行かへんかったよ」
-----へぇ~、流れへんかったんや。どこかにつかまっとったん?
「ううん、どこにもつかまってないよ。でも流れへんかった。」


-----お腹におる時、どう思った?寂しくなかった?
(両手を体の横で上下させながら)
「楽しかったよ!動いたりできるし」


-----なんで出てこようと思ったん?
「もう(お腹の中に)おるのがイヤやったから~」


-----そっかぁ、イヤやったんや。なんでイヤやったん?
「涼しくなかったから~。風とか吹かへんから、涼しくなかったから
出ようと思った~」



おわり



私の記憶が薄れないうちに、記録の意味をこめて。
[PR]
by eclair502 | 2014-09-04 00:21 | 育児的