timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

観劇

10年前の今頃は学生最後の贅沢な時間を過ごしていました。
学生時代私は市民ホール専属の音響・照明(裏方)のバイトをしていました。
別の大学に行っていた高校からの友達が劇団に所属していて、街の小劇場で
公演をしていたので、その頃から時々「演劇」というものを観るようになりました。
友達に声をかけてもらって公演前の練習を見学させてもらったり、舞台装置(セット)
を作るお手伝いをさせてもらったりもしました。大勢で一つのものを創りあげて行く
という過程は魅力的でとても楽しいことでした。劇団の人たちは社会人の方も多く
仕事の後や休日を公演の為に充てていて、社会人として充実した毎日を送っている
んだなぁと、うらやましくもありました。
その劇団はまもなく解散してしまいましたが、その主宰はまた別の劇団を
立ち揚げて、今も公演を続けておられます。ほんの少しお世話になっただけなのに
今でも公演の案内を郵送してくれていて、週末久しぶりに観に行ってきました。
相変わらず笑いどころ満載で多分アドリブとかも多くて時々演劇なのかコントなのか
曖昧になりそうな場面もありましたが、でも演劇として楽しいものでした。
演劇の魅力は、場の一体感や空気感、表現者のパワーが身体(からだ)に直に
伝わってきて、映画やドラマには無い「ライブ」な面白さ、だと思います。
もっと年をとっても、時々は「ライブ」に触れる楽しさを忘れないでいたいなぁ
とおもいます。
[PR]
by eclair502 | 2005-12-04 20:14 | 趣味的