timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

芸術の

この3連休のうち、めずらしくダンナさんも2連休。連休1日目の昨日、
朝起きて「今日はどうする?」と聞いたら、「現実逃避したい…」と
言ったので、それなら、ということで美術館へ行ってきました。
数日前にテレビで取り上げられていた企画展示で、ぜひ行きたい!と
チェックしていたものでした。企画の題名は
「美術の中のかたち-手で見る造形:『みんな手探り』」
普段は目で見るだけの作品に、触って鑑賞しようというものなんですが
その触り方が今回の特徴。壁で仕切られた部屋に、発砲スチロールの
粒(2〜3ミリ)が太ももくらいの深さまで入れられ、そのなかに
ブロンズ像5点がほぼ埋まっている状態。鑑賞者(体験者)はマスクをし、
アクセサリーや腕時計は紛失防止のため全て外し、服のポケットなどを
ガムテープで塞いで靴をぬいでその発泡スチロールの海を泳いで
触りに行くのです。だんだん深くなり、自分も埋もれて行くにつれて
発砲のさらさらした、無機質だけどほんのりあったかいものにふんわり
まとわりつかれる感じがなんとも言えず気持ちの良いものでした。
発砲スチロールの中を泳ぐというのはとても非現実的な行為で
生まれて初めてのこと。作品を見えない状態で触るということよりも
そっちの方に感心が高まるといったかんじでしたが、それはそれで良いの
かも知れません。これは芸術なのか?とも思いますが、美術館のなかで
行われていることだし…と、その辺はあまり深く考えず、とても感覚的に
楽しむ事が出来ました。ダンナさんにも喜んでもらえたようで、また
芸術(?)鑑賞に連れ出そうと思います。

e0038355_12572635.jpg

[PR]
by eclair502 | 2005-10-09 12:57 | 趣味的