timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

落ちたーーー!

今日の夕方、ハニーといつものようにいつもの道を散歩していました。

マンションの敷地を出て、最初の曲がり角付近に差しかかったとき
近所の中学校の生徒が部活動中だったのか、ランニングをしていました。

ハニーは、次から次へと走ってくるジャージ姿の中学生に釘付けに
なり、よそ見をしたまま私の後をフラフラと歩いていて次の瞬間。








うわぁぁ!溝に落ちるぅぅぅ!!





一瞬の出来事に私の動きも当然間に合わず、気がつけばハニーが
側溝にスッポリはまっているではありませんか!

「ハニー!大丈夫か!?」

と声をかけると、

「うぅぅ、、かあちゃぁん、、、」

と、うっすらうめき声を上げながらぞもぞと動くんだけど、軽くパニック
になっているのと、側溝が狭くて出られない様子。
すぐに泣き出すかな?と思ったんだけど
「大丈夫、大丈夫やで!ちょっと待ってよ~!」
と私のほうから声をかけていると、泣かずに何とか自力で立ち上がり
それと同時に私も抱き上げて無事出られることが出来ました。

幸い、左腕の内側にほんの軽い擦り傷が出来ただけで(明日になったら
どこか青あざになってるかもしれないけど・・・)たいした怪我も無く
溝も乾いていたので水に濡れることも無く、その後も散歩を続ける
ことができました。



側溝の幅はほんの3~40センチ、深さも30センチくらいだと思うんだけど、
大人なら「足がはまった~」くらいで済む程度だと思うんだけど、
ハニーは体ごと、頭からつま先までスッポリ入り込んでしまってました。

ちょっとでも打ち所が悪かったら、、、?
水量が多くて流れが速かったら、、、?


ほんの一瞬、たった一歩、の事なんだけど、それが大きな違いを生むん
だなぁ、と思わされた出来事でした。



その後、快調に歩きながらポツリと言ったハニーの一言。。。





「おふろ、みたいやった~。」





・・・・・・・・・・・・・・・・脱力。
[PR]
by eclair502 | 2010-05-28 23:06 | 育児的