timing                       =時間を測定[記録]すること=

by eclair502

2枚目Get!

10月のはじまり。
9時過ぎ、予定の時間どおりマンション各戸の配管洗浄と消防点検で
業者さんが入れ替わり侵入。共同住宅はマメに(ここは年1回)
こういうことをしてくれるからありがたいです。
その後、病院で2回目の注射。今日はいつもの先生でなく、
初めて男の先生に診てもらいました。比較的若くて、体格も良く
眼鏡が優しげな先生で、やはりちょっと緊張はしたものの
どこか物足りなさを感じながら(なぜ?)、特に問題も無く終了し
来週はまた担当の先生に診ていただくことになりました。
ちょうどお昼ごろになって、家でお留守番のダンナさんに
連絡したら、今日は特に予定もないとのことだったので
一人でお昼ご飯を食べ、前から狙っていた赤い靴(落ち着いた赤色の
シューズ。ジーンズに良く合う。とおもう。)を購入し、ぷらぷら
しながら帰宅しました。で、家に帰ると届いていました。先日
またオークションで落札した「詩人の血」の2枚目CD。やった!!

このCDの方が先に発売されていたためか、懐かしさもこちらの方が
より懐かしい。入札前に掲載画像で曲目を見ていても、ほとんど
歌詞やメロディーを思い出せなかったのですが、今日聴いてみて
当時あれだけハマってたのになぜ覚えてなかったのかと不思議に
思ってしまいました。
本でも音楽でも、気に入った作家のものは2作目、3作目と続けて
買う(借りるなどする)クセがあるのですが、たいていの場合
初期のものの方が作る人の色が出ているというか、良い意味で
個性がきつく、だんだんとキレイにまとまっていってしまうように
思います。最初に受けるインパクトが強く、新鮮だからというのも
あるかも知れませんが、だからこそ突然思い出して聴きたくなった
CDも、あえて古い方のものだったのかもしれません。ダンナさん
にとっては、全く聴いたことないものなのでとてもつまらなそうですが。
これらのCDが発売されたのは1990年、1991年。私にとっては
この度が2度目の出会いって感じです。現在は「詩人の血」としての
活動は全く無いようですが、だから逆に良いのかなぁ。それはそれで
少し寂しいけど、当分の間はこれら2枚のCDをMacのお伴にさせて
頂きたいと思います。
[PR]
by eclair502 | 2005-10-01 23:40 | 趣味的